FC2ブログ

プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい家族の毎度お騒がせしま~す:その1

 今日はひそかに瞼の父?祖父? とノラ子が思っているユウスケ兄ぃのお話です。
 産声を上げてから3ヶ月もすると、ヤンチャ全開! 大暴走の日常が待っていました。そのころからヤコにゃんのあとをついて回ってはパトロール見習い中、公園に行って狩りの修行・・・イッチョ前になるためのカリキュラムが目白押しです。
 また、大きくなるにつれて食欲も旺盛になり、中でも生卵が大好物で、お台所でカシャン・・・シャコシャコ・・・と音がするとどこにいても気が付くとママさんのそばでおねだりしています。
 よくぞ成長したり! 10㎏近い巨体にまで成長? したのです。ユウスケ兄ぃは男の子だけあって、るみにゃんママのお兄ぃたまとよく気が合うようで、るみにゃんママがいくら一緒に寝よう! と誘っても、お兄ぃたまの「オレのベッドあっためとけ!」の一言で行ってしまいます。
 もうヤコにゃんより大きくなったユウスケ兄ぃに保護者はいりません。いつの間にかヤコにゃんに再び春が巡ってきたようです。

予告
新しい家族の毎度お騒がせしま~す:その2
 ユウスケ兄ぃの兄貴風





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif



心理臨床家のための「これだけは知っておきたい法律用語」その1の補足

 次は裁判所の仕組みをご紹介するつもりでしたが、もう少し基礎的なことを先にご紹介したいと思います。
 具体的な用語を理解するそのまた前提となる概念です。なんでこんなこと! こんなことは専門家に任せておけばいい! なんて思われる方がいらっしゃることと思いますが、臨床家に基本的な法律知識がないためにその犠牲者となる方が後を絶ちません。まだまだ大学の教養科目の範囲以内ですから必要な知識として位置づけていただきたいと思います。
 とは申しましても、残念ながら社会に役に立つ知識にはなるかもしれませんが、臨床心理士試験にはほとんど役に立たないかもしれません。
 あしからず・・・・・





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


続きを読む »

心理臨床家のための「これだけは知っておきたい法律用語」

 さて、今日はプロローグということで基本的な「位置づけ」について解説します。基本的な枠組みを解説したあと、具体的な法律用語について触れたいと思います。最終的には具体的な裁判例や判例を題材に心理臨床家が関わる法律について知識を深めていけたらと思います。
 また、今後導入される裁判員制度にも必要な部分かとも思いますので是非、ご一読いただければ幸いですが、心理臨床家のためにごくごく簡単にご紹介しています。法律の専門家の方の中で、説明が足りない! 理解に誤りがある! と思われた部分などについてはどしどしコメントをお寄せ下さい。

 「法律」って何?





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


続きを読む »

会津:さくら祭

 会津・さくら祭が無事終わったようです。
なんとか雨はもってくれていたようですが、桜はまだ蕾だったようです。
 寒そ~~~!
暖かくて、桜も満開! っていうことがわかれば行きたいんですけどねぇ~、マイクロバスを借りていく以上、事前に参加の可否を連絡せねばならず、当日になって暖かそうだから行くというわけにいかないのが辛いっスねぇ~。
 ウチの会、次はどこの現場に参加するのでしょうか・・・。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


お知らせ

 不定期になるとは思いますが、心理学用語や一般の日常用語とはちょっと違う意味を持った概念などを今後は少しずつ解説していこうと思います。
 また、心理臨床家のための「これだけは知っておきたい法律用語」も少しずつ解説していきたいと思います。ご質問や疑問、個人的なご意見など遠慮なくコメント、またはメールにてお寄せ下さい。

 ようやくアカデミックになってきたでしょうか・・・。






こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif





ヤコにゃんとの幸せな日々part5新しい家族

 ノラ子です。最近、ママさんがおかかをケチるとです・・・ノラ子です・・・ノラ子です・・・ノラこです・・・
 さて、今日はヤコにゃんの家族についてお話します。
残念ながら初産が悲しい結果に終わってしまったヤコにゃんとるみにゃんママ一家ですが、さすがるみにゃんママゆずり? 体力とともにるみにゃん一家には笑顔が戻ってきた次のシーズン。またもやヤコにゃんにも春がやってきたようでお腹のあたりがふっくらとしてきました。
 今度は、るみにゃんママも慎重にあまり無理をしないように監視していました。また、ヤコにゃん自身も前回のように予期しなかった陣痛に苦しむことなく、来るべき日に備えて自ら寝床を整え始めました。
 そして、ようやく待ちに待ったお産の日です。元気な産声が聞こえてきました。どうやら2匹の赤ちゃんが産まれたようです。
 ようやく赤ちゃんの目が開いたころヤコにゃんはるみにゃんママにも赤ちゃんを見せてくれたのです。真っ白と白黒のブチのかわいい赤ちゃんでした。ブチは大きな赤ちゃんで元気に泣いて元気におっぱいを飲んでいましたが、白ちゃんのほうは体もちっちゃく弱々しい感じで・・・残念ながら1週間でヌイグルミのようなかわいらしさのままその命を閉じてしまいました。
 でも、落ち込んでばかりもいられません。ヤコにゃんには育ち盛りの息子、ユウスケ兄がいるのですから。ヤコにゃんの試行錯誤の子育ての始まりです。
 ユウスケ兄ぃたん、実はノラ子の本当のパパかおじぃちゃんではないかと思っています。ブチだし、でかい図体しているし・・・確かめることなんてできませんが、ひそかにそうだったらいいのなぁと思っています。次回より新展開、次々増える新しい家族の毎度お騒がせしま~す!です。

予告
新しい家族の毎度お騒がせしま~す!その1





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif















 

自己開示と自己表現

 毎年、必ずといっていいほど携帯電話、メール、インターネット、ブログなどメディア関係を修論のテーマにする人がいるようだ。
 勿論、心理学領域であるからその多くはメールを通じた対人関係であるとか、ブログで自己を表現することによるカタルシス効果に関する研究が多い。
 これも毎年、気になるのだが、「自己開示」と「自己開示」を混同している人が多いのではないか。
 自分自身、こうしてブログを書いているのでよくわかるのだが、ブログを書いているから、メル友とやりとりしているからと言っても、必ずしも自己開示しているとは限らないのである。その匿名性ゆえ、真実を述べているとは限らないのである。
 つまり、自己開示カタルシス効果があるのではなく、真実か虚偽かは問わず、表現をすること自体が効いているのである。
 言い換えれば、箱庭やコラージュなどと同様やることに意義があるのであって、解釈に意義があるわけではない(これについは後々詳細に触れたいと思う)。
 さらに、リンク、コメントなどを通じて求める対人関係と、ブロガーのパーソナリティに着目した研究は社会心理学などに散見され、ブロガーの一人としては、「ブログにハマる対人関係に不都合がある人々」というバイアスがかかっているのではないかと思わざるを得ない。
 対人関係そのものを求める者もあろうが、特定の話題に対して身近にいない共感者を探す試みの一つであることもあるはずである。

 一人の研究者が一つの研究に情熱を傾けるのに意義を申し述べるわけではないが、どうせなら社会学や法律学に先を越されている「匿名性」「カウントできない集団」「ネット犯罪」などに関するテーマにも関心を寄せ、心理学の得意とするアプローチを試みていただきたいと思うのである。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif



 

孤独な作業

 今日はH高校の健康診断でした。やっぱり担当項目は耳鼻科での鼻鏡の消毒。

   確信した!!


 絶対に人件費の削減だ。今日も一人でコツコツ消毒・・・おそらく受診対象者が1000名を超えなければ2人体制にはならないとみた。
 記録係の一人が慣れている人だったのが唯一の救いである。
そりゃあ、やれといわれりゃやりますよ!
 でもしんどい・・・でもでも慣れない人と組むよりはマイペースでせっせとやるほうがマシである。
 
 さて、お楽しみのお弁当。持参しましたふ・り・か・け!

あって正解! ギトギト油の冷たいおかず・・・半分ぐらいで胸焼けする。おかげで帰る途中で既に腹ペコ・・・・Guuuu....。

 でもさ、たまにはカワイイ男の子と触れ合える血圧とか採血とかしたいのよ! (残念ながら採血はほとんどじょしこーせーの貧血検査しかありません)
 孤独な作業はまだまだ続く・・・。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif




  
 

ヤコにゃんとの幸せな日々part4初体験篇

 ノラ子です。今日はヤコにゃんの初体験についてお話します。
いつもはヤンチャなヤコにゃんですが、このところ動きにいつものキレがありません。るみにゃんママは思いました。
 デブになった?!
でも、そうではありませんでした。
 ある日の明け方、るみにゃんママは布団が冷たいことに気が付き目が覚めました。
 「ヤっちゃった?!」
よく見ると、ほんのり赤い色をしています。
 「破水?!」
ヤコにゃんは陣痛がつらいのかアォ~ンとお腹を差し出しさすってくれとせがみます。残念なことにこの日はみんな仕事で出かけてしまい家にはるみにゃんママ一人です。何をしようにもちょっと手を休めるとヤコにゃんはアォ~ンと責めます。
 「ゴメンネ、ちょっとだけ待っててね」
急いで親戚のお姉さんに電話をし来てもらいました。さする手をお姉さんに替わってもらい急いでダンボールに毛布など出産準備を始めます。
 準備ができたところでようやくるみにゃんママは顔も洗っていない寝起きのまんまに気が付き身支度を済ませました。
 お姉さんと交替し、またお腹をさすり続けますがなかなか赤ちゃんは産まれません。夕方になってもヤコにゃんを苦しめるのは陣痛ばかりで次第にヤコにゃんはぐったりしていきます。
 陽が沈むころ、ようやく赤ちゃんが顔を出しました。

 月足らずだったのでしょう。超未熟児でハツカネズミよりも小さな赤ちゃんが4匹、毛も生えていなければ産声を発することもありませんでした。
 まだ交通の便も悪い田舎に獣医さんはありません。ただただ祈るしかありませんでした。
 ヤコにゃんは難産の苦しみからようやく逃れ、ぐったりとして横たわっています。るみにゃんママ一家は泣きながらヤコにゃんの体力の回復を見守りました。
 ヤコにゃん! 早く元気になってね!

予告
ヤコにゃんとの幸せな日々part5新しい家族





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif










尿検査での珍事件

 このところコラ~~~~!! ってな話が続いたので閑話休題。

数年前、ある大学で尿検査を担当していたときの話です。

 潜血反応が(+)と出てしまった。
その学生、
 「昨日、彼女とヤっちゃったからっスかぁ~?

 健康診断前日ぐらい大人しくしてなさい!

また別の学生は・・・蛋白(++)
 「ひとりHやりすぎると出るんですか?真顔)」
 「あのぉ・・・何回ぐらい・・・?
 「さ・・3回・・ほど・・・!!

サル?!

よくある質問FAQ?
1これって性病とかってわかるんですか?
A.身に覚えがあるなら泌尿器科に行ってください。
2これってエイズの検査ですか?
A.んなわきゃねぇだろ!
3包○だと異常ですか?
A.気になるなら上○クリニックにでも行って相談してください!

 これだから大学の健診は面白い!
でもお願いだから表面張力尿を持ってくるのは勘弁してください・・・。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


会津:さくら祭

 今頃みんな盛り上がってんだろうなぁ・・・・にごり酒のサイダー割り飲んでんだろうなぁ・・・・。

 でも寒いべ!
去年も雨はパラつくし桜の蕾はかたそうだったし、めっちゃ寒かった!
 寒いの苦手・・・(-_-)
だって・・・身も心も寒いんだもん・・・・。
 なんちゃって、一番寒いのは

    サイフの中身!

 行けなくて正解かも・・・かも・・・かも・・・(ToT)

明日は朝早いし・・・データ整理しなきゃいけないし・・・

 来年に期待・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!
 次の現場に期待・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif




 

チキンライスのチキン抜き?!

 今日の夕飯、チキンライスのチキン抜き・・・・それじゃあ、ただの

ケチャップライスじゃないか!

 そう・・・タマネギだけのケチャップライス。

だって買い物忘れたんだもん・・・しかも5分で完食!

 明日はマトモなご飯作ろう。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


ヤコにゃんとの幸せな日々part3武勇伝篇

 ノラ子です。今日は、ヤコにゃんの数々の武勇伝をお話したいと思います。
 
 ヤコにゃんは賢いだけではなく、狩の名手でもありました。
トンボや蝉、バッタなどのムシだけではなく、ネズミやスズメ、時には自分の顔よりデカいハトも仕留めてきました。そして、誇らしげにるみにゃんママにご披露するのです。
 ある日、るみにゃんママが家に帰ると、いつものようにヤコにゃんはシッポをパタパタさせながら誇らしげにぅにゃん!と言って獲物を見せたのです。しかし、るみにゃんママは後ずさりしながら、
 「わかった・・・わかったから・・・」
と言って、そのまま駅まで逆戻り。なんとそこには息絶えてクタッとなった小さなヘビがいたのです。
 駅前の喫茶店で時間を潰すこと2時間、意を決してるみにゃんママは家に電話をしました。電話に出たのはパパさんでした。
 「あったでしょ? どうした・・・?
 「あぁ、捨ててきたよ。」
 「もうない? 痕跡もない?!
 「ないよ。」
 「じ、じゃあ、今から帰る。」

 動物はなんでも好きなるみにゃんママですが、どうしても好きにになれない動物がいます。それは、

ミミズヘビ

チンケなホモサピエンスのオスです。

 それでも褒めてもらいたくて狩に精を出すヤコにゃんなのです。

予告
ヤコにゃんとの幸せな日々part4初体験篇





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


大学院生の資質・・・研究者としての心構え

 近年、社会人を受け入れる大学、大学院が増えてきたようである。それに伴って現役生に混ざって中高年の方々が大勢卒業論文、修士論文に取り組んでおられることだろう。
 しかし毎年、研究計画、構想などを聞いていて思うのは、「心理学」においては社会経験がなくても、ありすぎても社会に寄与するようなテーマで取り組むのは困難なのだということを思い知らされる。

 こんな研究に意義があるのか?! 自分が知りたいだけなら大学院でやらなくても・・・と言いたくなるのが少なくとも私の所属する大学では1/3はある。
 確かに学部生においては人生で初めて取り組む研究であり、論文である方が多いことを差し引いて、ほぼ目をつぶる。「研究とはこのようなものだ」ぐらい体感できればよしとしよう。
 しかし、修士レベルで院生だから「調査対象者には限界がある」とか、「サンプル数には限界がある」という言い訳を許していいのか?!
 その限界のためにジャーナルに投稿するレベルに達しない、ただ「出しました」というだけの修士論文にするのであれば国公立は勿論、私学助成金、各奨学金の恩恵を受ける資格なんぞない! と私は思っている。
 そもそも、何のためにほとんどの学会において院生は参加を許されているのかを考えていただきたい。大学の内外にネットワークを作り、ネットワークを駆使して本当にその「知見」が必要な人が活用できる研究をしていただきたいものである。

 とはいうものの発言権のない私・・・向かい風の学風にヨレヨレの私です・・・・・。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


健診スタッフの対応と実施計画

 今日は大学の健康診断。いつもは内輪のデキの悪さを嘆くるみにゃんママですが、今日はウチよりひどい会社もあることも言っておかなければならない。そもそも、


実施計画自体がおかしい!!!

 以下、無謀な実施計画を挙げてみる。

1受診対象人数と機材の設置台数、若しくはタイムテーブルの計算が合わない。
 ※どうやっても無理な人数をこなそうとしている。
  受診時間が指定してあるのに実施建物の外から正門まで列が続いている。

2順路が合理的ではない。
 ※並ばせるなら動線を考慮すべし! 未受診者と既受診者が廊下で入り乱れている。
3スタッフが実施要綱を把握していない。
 ※白衣を着用したスタッフに聞いてもまた他の誰かに聞きに行き、その場では何も解決しない。
4スタッフの配置が合理的ではない。
 ※なんで回収にぞろぞろいるんだ?! 2人ぐらいで十分だろ!
 ※いたるところに誘導担当がいるが役に立っていない。誘導」ができないなら駅で斎場の看板持って立ってろ!
5態度、マナーが悪い!!!!!
 ※挨拶ぐらいしろ! 廊下で無駄話をするな! Gパン履くな! シューズぐらい履け! 言葉遣いに気をつけろ!

 スタッフよりDr.の方が礼儀正しかった。
学校でも企業でも健康診断自体がストレスだという方も少なくないはずだ。本来、健康診断は、疾病の疑いのある対象者を発見し、早期治療、予防に寄与しなければならないはず。であるにもかかわらずストレスになるような実施計画や、実施そのもの、さらには受診者を苛立たせるような対応はあってはならないのである。
 受診者の皆様が気持ちよく受診していただけるように健診スタッフは心がけていただきたいものである。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif



 

ヤコにゃんとの幸せな日々part2家族愛篇

 ノラ子です・・・ママさんがお化粧を始めると寂しくなるとです・・・だって、ノラ子はお留守番、ママさんはおでかけなんだもん・・・ノラ子です・・・ノラ子です・・・ノラ子です・・・。
 ある日、ヤコにゃんにとってもるににゃんママにとっても大きな事件がありました。色々あってるみにゃんママは今でいうプチ家出をしたことがあります。ほんの数日ですが友人の家を転々としていました。
 みんなとても心配して電話したり、探したり・・・友人も心配して3日目の夜、るみにゃんママを家まで強引に送っていったのです。
 とても叱られるだろうと思いそ~っと玄関を開けたるみにゃんママでしたが、予想とは裏腹にけってきた言葉はお兄ぃたまの「ヤコにゃん、よかったな! るみにゃんママが帰ってきたぞという言葉でした。ママさんは言いました。
 「あなたが帰ってこないからヤコにゃんはお散歩も行かないでず~っと玄関であなたを待っていたのよ。ご飯もロクに食べなかったのよ。」
 るみにゃんママはヤコにゃんを抱きしめ「ごめんね・・・ごめんね・・・心配かけてごめんね・・・
 家族みんなで泣きました。なぜなら、るみにゃんママは死のうと思って最後に仲の良かったお友だちにお別れを言うために転々としていたのですから。
 こんなに愛されている・・・こんなに心配してくれている・・・。
家族の愛と家族としての責任の重さを知った日でした。
 時々顔を上げては振り向き、るみにゃんママがそこにいるのを確かめながらヤコにゃんは久しぶりにお腹いっぱいご飯を食べました。
 今ヤコにゃんはお兄ぃたまの写真集の中で、元気に草原を駆け回っています。そして家族のみんなの心の中にも・・・・・・。

予告
 ヤコにゃんとの幸せな日々part3武勇伝でんでんでんででん





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif













対人援助に関わるボランティアの質

 少し前、ある団体に関わっていた。そこで活動するボランティアを見ていて改めて「ボランティアの資質」について考えさせられた。
 社会に何か貢献したい、困っている人、弱者、マイノリティ・・・の方の役に立ちたいと対人援助を主目的とするボランティアに参加する方があるが、その多くは本当に認めてもらいたい人にちゃんと認めてもらいたい、高い評価を得たいという欲求が満たされないことの代理行動となっているのである。
 つまり、職場や家庭での自己評価と他者評価とのギャップを埋めるために被援助者を手段にしてしまっているのである。
 そもそも、社会に貢献したり、対人援助をしたりするには「能力」が必要なのであり、誰でもいいというわけにはいかない。接客業や営業職に向く人、向かない人がいるのと同様に、対人援助をしても害にならない人と害になる人がいるのである。
 厳しい言い方だが、自己を過大評価しているために、他者の客観的評価を受け入れられず、そのギャップを埋める手段として対象者を手段にしてしまっているのである。

ボランティア活動が加害活動にならないために

 自分を認めてもらいたい、役に立ちたいと思いボランティアを始める人は、まず、清掃ボランティアから始めてもらいたい。

 やってもやっても認められない、報われない、結果が出ないことに耐えられない人は対人援助にはおそらく向かない。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


不健康になる弁当

 中学や高校は住宅街にあることが多く何十人ものスタッフが外食するのは大変なので(タイムテーブル上外食する時間が取れないことも多い)、大学や企業と違いたいがい昼食のお弁当(いわゆる給食弁当ね)が出る。
 しかし、これがなかなかクセもんで、やはりお弁当ですから揚げ物が多い。おそらく油も酸化してしますいっているだろう。しかも魚より肉類が中心で味付けも濃い。しかも、

マズイ!!

 こんなのを毎日食べていたらこっちが不健康になってしまう。ならば手弁当を持参すればよいのだがそんな時間とコストにこちとら余裕がないのである。朝が早いのでマッ○やド○ールで済ませ、夜は立ち食いそばなんかで時間短縮。実質、昼食がメインの食事になる。
 そこでるみにゃんママは考えました!

ふりかけを持参しよう!

 油モノ、肉類は極力食べないようにして、ご飯をメインに食べればいいんだ!
 るみにゃんママの大食いを知っているスタッフと一緒の現場のときは誰かしらご飯を分けてくれる。これで今年は乗り切ろう!

打倒!

 酸化油!
 肉!
 Nacl(塩化ナトリウム←つまり食塩)!
 防腐剤入り醤油!





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


ヤコにゃんとの幸せな日々part1ヤンチャ篇

 ノラ子です。今日は、ヤコにゃんのnyanQ(IQ?)についてお話します。
ヤコにゃんは、(ノラ子と違って)とっても賢いにゃおんで、よくるみにゃんママとおんもで遊びました。
 「お散歩いこ!」とるみにゃんママがいうと玄関で早く!早く!と待っています。るみにゃんママに歩調を合わせながら近くの公園まで行きます。
 「かくれんぼしよ!」というと、木の陰に隠れて小さくまぁるくなっています。るみにゃんママがヤコたんを見つけ「今度はヤコたんがオニだよ!」というとるみにゃんママの背後からそっと近づき、「にゃおん!」といってタッチします。
 鬼ごっこもよくしました。でも、るみにゃんママはいつも負けます。ぜぃぜぃ息を切らしてヨロヨロするるみにゃんママを見てはしょうがないぁという感じでまたるみにゃんママの歩調に合わせてゆっくり歩き出すのです。
 他にも、肩乗りにゃんこになったり、くっついたして! っていうと顔をスリスリしてくれます。
 残念ながらお手や待てはできませんでしたが、ゴロンは喜んでしてくれました。
 こんな風にいつも一緒に遊んでくれるるみにゃんママが、ヤコたんは大好きだったようです。

予告
ヤコたんとの幸せな日々part2家族愛篇





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif

毎日更新、はや挫折

 ブログを始めたときから毎日更新をしようと思っていたのですがはや挫折・・・。
 昨日は朝5時に起きて仕事に出かけ、終わったら息つく間もなく大学でゼミ、その後研究室のみんなと食事に・・・家に着いたのは日付変更線の一歩前だった・・・。
 とりあえず化けの皮(化粧ですな)を脱ぎ、そのまま布団にもぐりこんでしまった・・・。


めげっ





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


 

見栄とプライドは違うだろ!

 K女子高校の健診に行ってきました。担当項目は耳鼻科消毒。
ひたすら鼻鏡(鼻の穴をグイっと広げるペンチみたいなヤツね)をアルコールで消毒するのです。
 アルコールで指先は荒れるし、手袋で手はゴム臭くなります。
去年までは2人のナースでやっていたので「もう一人の方は・・・?」と聞くと、「あ、今日は一人です!」だって。おまけに受診票に記入する記録係(これは無資格のヘルパーさんなんですが)は今年入った新人さん! ひょんなぁ~・・・せめて記録はベテランさんに・・・(T_T)
 それはそれでいいのですが、多感な女子高生の健診はとても気を遣います。いやでもうるさい小姑にならざるを得ません。
 プライバシースペースを設けて並ばせること、舌圧子(お口を開けてあ~~っとやるときに遣うアイスの棒みたいなヤツね)を予定人数マイナス50本(剥き残ししないため欠席者を想定する)を予め剥いておく(使い捨てで滅菌処理し1本ずつ袋に入っています)。だ~か~ら~!
口の中に入れる部分を無神経に触るな!
鼻鏡の先端を無神経に触るな!
受診票は個人情報満載だから取り扱いには気をつけろ!

 先日、このブログに登場したリストラオジさん(おそらく)、会ってしまった(>_<) しかも担当は耳鼻科記録! ついに小姑に逆ギレしやがった。
 細かいことまで言われるとヤル気がなくなる?!
 男としてのプライドがあるからそこまで言われたくない?!

はぁっ?!

 ヤル気がなくなるんだったらこの仕事向いてないから他のバイトすれば? 男のプライド? 単なる見栄でしょ、エラそうにしたいならしたいなりの仕事ができるようになれば?

 受診者の前で取り乱した挙句、会社に電話してやめて帰るというから「どうぞ!」
 笑うを通り越してあきれました。現場チーフに何言ったか知らないけど午後になってハイハイ、ヘコヘコ・・・何なの?!
 あら~帰るんじゃなかったの?! っと言ってやりたい気分だったけどあわれなオジさん、いじめちゃ悪いわよね、そっとしておいてあげました。

 この季節、酒とタバコの量が増えるるみにゃんママです。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif

はじめてヤコにゃんがやってきた

 ノラ子です。今日はるみにゃんママのおうちにはじめてにゃんこがやってきた日のお話です。
 もう30年近く前のことでした。お仕事から帰ってきたるみにゃんママが駅からてくてく歩いて間もなくおうちというところにさしかかったときでした。ママさんの足元に「にゃん」と小さなミケたんが擦り寄ってきて、そのままおうちにまでついてきたのです。
 ずーっと和裁をしてきたママさんは動物を飼うことには賛成してくれずおうちには入れてもらえませんでした。でも、るみにゃんママはとても人懐っこいミケたんがかわいくてミルクをあげたのです。
 そうしたらそのミケたん、しめたと思ったのか、一晩中物置で鳴き続けたのです。
 冬が近づく寒い日でした。
次の日からそのミケたんは、ヤコたんという名前をもらい、るみにゃんママの家族となり、たくさんの幸せをくれたのです。

予告
 ヤコたんとの幸せな日々Part1






こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif



事実と真実:痴漢の場合

 「虚偽通報で不当に逮捕、拘置された」として損害賠償請求した男性の訴えが棄却されました。

 マスコミ報道の情報しかないので断定はできませんが、なんだかおかしいですねぇ・・・。

 この男性、刑事事件としては不起訴になっています。言ってみれば、「無罪」なのか「有罪ではない」のかは報道からだけではわからないのです。 つまり、不起訴の場合、「微罪」として起訴して処罰するほどではないという場合にも結果として「不起訴」になる場合もありますから。
 一方、民事では「痴漢はあった」としていますが、果たしてこの男性がやったかどうかはわからないはずです。

 わかやすく言えば、「被害」の存在があったとしても被疑者が真犯人とは限らないはずです。ここが痴漢冤罪の要因の一つでもあるわけですが・・・。極端に言ってしまえば、被害者にとって拳の落としどころがあればよく、被疑者が真犯人かどうかとは別の問題なわけです。
 一方、疑われたほうはそうはいかない。被害者同様に真犯人が誰かは問題ではなく、自分が犯人ではないことが証明できればよいわけです。

 この事件、手続上に問題があると言われており、確かに問題だとは思います。また、民事で「痴漢行為はあった」と断定するのはいかがなものかという専門家のコメントがあったが、それよりも、「痴漢行為」はあったかもしれないが、この男性が「やった」かどうかは報道されていないのでは?

 いずれにせよ、裁判で明らかになるのは「証明できた事実」でしかなく、「真実」は本人のみぞ知ることである。

 なんだか釈然としない報道である。
いつも思うのだが、「痴漢」はすぐに逮捕されて勾留されるが、深刻な性犯罪の被害者がその被害を届け出ても起訴、公判維持の見込みがないとして被害届も受理されずに門前払いされている被害者が大勢いるのである。そしてその真犯人はのうのうと世の中で大手を振って生活をしているのである。

 安易な謙虚件数稼ぎより、
    地道な捜査に熱意とプライドかけて欲しい。






こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif









じょしこーせーは・・・

 今日はD学園の健診です。本日の担当はきょ~ふの採血。心して行った割には比較的みんなおとなしい方でラッキー!
 約400名を4時間、4人で採血なのですが、きょーびのじょしこーせーは血管が細いのが多くて疲れる・・・。おまけにダイエットに励んでほぼ半日近く、飲まず食わずで登校する生徒も少なくないし、低血圧で真空管採血できない生徒もいる。
 今日の現場はお嬢様学校なのでそれほどでもなかったけど、何人かは小児科の気分。
 「ハイハイ、もう終わったから泣き止んでネ」
ひどい学校は、泣くは喚くは暴れるはでもう大変!
 おまけにサタンの爪にギャルメイク、鼻がもげるほどの香水シャワー!
とどめは「ねぇオバさん!」だもんね。
 そういえば・・・今日の学校はリスカに当たらなかったなぁ・・・珍しい!!! (他の人のとこにはいたかも・・・)
 とにかく、採血や立ちっぱなしよりも耳が疲れる女子校が無事終了してやれやれです。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif

医師なら有罪、カウンセラーなら無罪?

 もし、信頼していた医師の治療が間違っていたらどうしますか?

 犯罪被害者の方の援助をしている心理職に「その場限りの癒し」だけを提供しているのをよく見かける。しかし、当事者に「その場限りの癒し」を提供したところで、根本解決には至らないのである。
 当事者の人生を逆算して最も充実した人生が送ることができるように援助するのが真の援助なのである。
 いくらその場で耳ざわりのいい言葉を並べ立てても1歩面接室を出れば厳しい現実生活が待っているのである。
 「事件」や「被害」はなかったことにはできないのだから、自分の人生経験として克服するしかないのである。
 その克服は、通常、誰もが経験するようなライフイベントからは想像もできないくらい過酷なものである。人生を終えるまでに克服できる者はそう多くはない。
 元々の人生設計に少しでも戻ることができるようにそっと後ろで人知れず支えるのが援助者である。いかにも癒されて日常と取り戻せそうな期待を持たせたり、あたかも回復したかのような錯覚を与えるのははっきり言って「加害」である。
 そもそも援助者はヒーローでもなければエンターティナーでもないのであるから。
 残念ながら、「現実」を知って落胆し、失意のどん底に落とされたカウンセリングの「被害者」は少なくない。
 もし、信頼している医師の治療方針が、実は治療になっていなかったのみならず、気が付いたら悪化していたとしたら・・・援助者も同様、いくら面接室で「信頼」されていたとしてもクライエントがその生涯を終えるときにカウンセリングや提供した援助が「人生の利益」になっていなかったとしたら・・・。
 つまり、信頼していただけに「裏切られた」結果になってしまった時の落ち込みは大きいのである。
 所詮、他人なのだから当事者の痛みは察して差し上げることはできても完全に理解することはできないのである。せめて「エエ格好しぃ」を望まず、その対象者がどこまで耐えうることができるかを見極めたうえで、現実社会に当事者が放り出されたときに予測できる事態に対するワクチンを打てる援助者でいていただきたいと思っている。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif



 

カウンセラーになりたいですか?

 大学の心理学系の学部に入学した多くの学生が臨床心理学を専攻、ないしは専門領域とし、カウンセラーになりたいという。
 しかし、カウンセラーとして何をしたいのか、社会のために何をしたいかについてのビジョンは明確ではない。学部の1年生にそれを訊くのは酷というものだといわれそうだが、せめてどんなカウンセラーになりたいかぐらいのビジョンは描いていて欲しいものである。「なりたい」だけでは子供の「将来の夢」と同レベルである。
 何をしたいかが具体的にならなければ、そのためにどんな自己鍛錬が必要なのか、自分のどんな問題をクリアにしておかなければならないかの目標が定まらない。
 カウンセラーになること自体が目的だと、簡単に自分の技量と器量のなさを棚に上げてバーンアウトだと騒いだり、クライエントに悪影響を与えてしまう危険が大きいのである。
 少々乱暴な言い方ではあるが、心理学の知識なんざいつでもどこでもその気になれば仕入れられるのである。せっかく、大学学部、大学院に行ったならば、その大事な修行時代には、人徳を高めること、人として器の大きい人間になれるよう精進していただきたい。
 その鍛錬、努力ができないようなら、いっそ臨床現場には来ていただきたくないと思っている。

 それでもあなたはカウンセラーになりたいですか?





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif



 

書類送検

 先月末に受けた子宮頸部ガンの結果を聞きに行った。例年通り? Ⅲaで「精密検査を要する」だった。
 病理検査に回して結局、「特に異常を認めず」というのが平成14年から続いている。
 スメア(細胞診)で被疑者として書類送検、生体病理検査で嫌疑不十分としてとりあえず放免・・・てなところですか。
 まぁ中高年にはよくあることだし、気にしてはいないけど、スメアは住民健診の範囲だから自己負担は800円、病理検査は保険使っても確か4000~5000円ぐらいだったと思う。どうせまた同じだろうと思うと費用がねぇ・・・。
 とはいえ、給料日が過ぎたら検査を受けますかねぇ。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif



「心のケア」の押し売り

 ようやくいつ犯罪に巻き込まれるかわからないという認識が高まってきたように思う。
 もし、あなたが被害者になったらどうしますか?
 大きな事件が起こるたびに「心のケア」をバラまく人々がおり、やれスクールカウンセラーだ、カウンセリングだ、などと煽り立てている。
 しかし、いきなり垢の他人に「援助します」といわれて「じゃあお願いします」と言えるだろうか。
 生活を立て直し、社会生活に復帰し、自分自身の人生を歩んでいくのに、もっとも信頼できる人が必要な援助をしてくれる方がいいのではないか。
 本当に「心の専門家」なら当事者が最も信頼できる人が当事者に最も資することができるよう援助するほうが効率がいいと思う。
 「心のケア」の押し売りは加害行為に等しい。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


カテゴリー追加しました

 カテゴリーを追加してみました。
コメント、メールなどなどヨロシクですぅ~。





こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


 

チャーちゃんの家族

 再びノラ子です。
るみにゃんママを癒してくれるチャーちゃんにはごんちゃんという立派なご主人がいます。とても絶倫なようでチャーちゃんは3回も出産しました。お子ちゃまたちはいつもすぐにもらわれていくのですが、なぜか1匹だけそのままいます。
 名前はちびたんなのですが、すっかりちびたんじゃなくなってしまいました。
 呼びかけに尻尾をプルプルさせるチャーちゃんを見てるみにゃんママは思います。
 「イキモノ」として、「バカ」でもいい!
誇りを持って生きていくことができれば!
 ノラ子はそんなるみにゃんママが大好きです。




こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif


PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。