プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知り尽くした男?!もう他の男では満足できないんです・・・

 今日はしばらく続くシリーズのうちの1ヶ所の、そのまた初日の健診現場でした。
 私たちスタッフは、だいたいこのシリーズにも慣れてきたのですが・・・チーフがデビュー戦・・・大丈夫か・・・・?・・・・パニクるなよ・・・。


 時間前からすでに受診者が・・・・津波のように押し寄せてきたらどうしよう・・・なんて思ってた割には、あっさり1時間あまりでピークは過ぎ、結局、予定数を大幅に割れた人数で終了した。


 私はラッキーピース 明日来る人、残念でした!!


 ほんでもってとっとと終わったので、予約しておいた美容院へ・・・テケテケ・・・この美容院のオーナーでもある美容師とはもう20年以上のお付き合い。たまたまジ○ニに所属していた男の子から紹介されて行った美容院で、「ご指名は?」と聞かれて、「上手な人」と答えたら彼だったんですね。つまり、独立する前からのお付き合いなので、私の好みも髪の癖もぜ~んぶ知り尽くしているオトコなのです。
 ヘタな話、寝てたっていいくらい安心できる人。手が早くて正確だし、踊りの舞台だからアップにしろとか、ドレスだからエレガントにとか・・・踊っても乱れないように固めてとか・・・イロイロ注文つけてもセンスよくやってくれて・・・もう他のオトコでは満足できないんですぅ~・・・。


 んん~~サッパリ!! 伸びきっていたからなぁ・・・遅くなるかなぁと思ったけど、病院にもちゃんと間に合ったし・・・さぁて、来週の資料を揃えましょうかねぇ・・・。


髪もココロも軽く・・・ついでに懐も軽くなったるみにゃんママです・・・
b_04.gif


スポンサーサイト

ひと夏の思い出

この記事は、求人情報サイト「ジョブデパ!」協賛のブログ記事コンテストにエントリー中です。


求人情報サイト「ジョブデパ!」

あなたの探している希望の仕事がきっと見つかるジョブデパ



シェアブログjobdepa3に投稿


 ウン十年前、まだ私が高校生だったころのお話です・・・。


 高校に入ったばかりの私は、精神的にかなり参ってて、学校止めたい・・・生きること止めたい・・・。
 今だったらプチ家出をしてたかもしれないし・・・自傷行為を繰り返していたかもしれない・・・・。
 そんな夏休みに入ったばかりのころ、新聞のある折込チラシに目を奪われた。
 そして、その数日後の早朝、私はバスに乗っていた・・・。


 揺られること2時間半、到着したのは室堂立山)だ。
 それから約10分、ひたすらトンネルを走るトロリーバスに乗り換えて大観峰へ。さらにそこからロープウエイに乗り換えてようやく黒部に到着した。そして、ここが夏休みの間私が働くバイト先だ。


 リフレッシュというよりはリセットしたい気持ちのほうが強かった。知っている人が誰もいない所へ行きたかった・・・しがらみのある地元を離れたかった・・・。
 その日から私は寮に入り、夏休みが終わるまで黒部平のレストランで働くのだ。


 眼下にはコバルトグリーンの黒部湖が広がった・・・目の前で雷鳥が啄む・・・風にそよぐ高山植物・・・大きな太陽・・・手が届きそうな星空・・・。
 元気になれそうだった・・・我慢して秋から学校に行くのも我慢できそうだった・・・。


 寮には色んな人がいた。山が好きで山を転々として稼ぐ料理人、単身赴任の社員、大学生、専門学校生、高校生のアルバイト・・・。
 私はレストラン勤務だったが、お弁当を売る人、蕎麦屋、土産物屋、ロープウェイやケーブルカーの駅員・・・。
 夜になれば誰かの部屋で宴会が始まる・・・こっそり食堂のご飯を盗み食いしてオバさんによく怒られた・・・洗面所に張ったお水で冷やしたスイカは冷蔵庫がなくても冷たくて美味しかった・・・。
 新聞も雑誌も数日遅れで上がってくるから休みで下山してた人が手持ちで持ち込んだ雑誌は取り合いになった・・・。
 今のように通信手段が発達していないからテレビもラジオもないに等しかった・・・でも、そんなのいらないくらい1日があっという間だった・・・。


 共同のお風呂や洗濯機を自分で使うのも初めての経験だった・・・そもそも親元から離れて暮らすのが初めての体験なのだから・・・。


 8月30日、ほとんどのアルバイトが下山をする。みんなで来年も会おうと誓い合って泣きながら別れた・・・。
 私は、31日下山したが、文字通り、同じ屋根の下で、同じ釜の飯を食った仲間との別れである・・・。
 ロープウェイに乗っても涙が止まらなかった・・・・。


 結局、未練タラタラの私は閉山まで土日祭日はバイトに行った。
通勤時間12時間・・・朝7時にバスが出発するので実家からでは間に合わず、前日に親戚の家に泊まるのだ。


 9月に入ると標高2450mの室堂に雪がちらつく・・・新雪をザクザク踏みながらトンネルバスに乗り換える・・・。
 10月に入ると標高2316mの大観峰から標高1928mの黒部平を結ぶロープウェイが季節の移り変わりを感じさせてくれる・・・。
 支柱が1本もないワンスパーンロープウェイは、360度のパノラマが売りである。その窓から紅葉した樹木がグラデーションで見ることができるのだ。
 もちろん、雷鳥だって羽の生え変わりをリアルタイムで観察することができる。


 結局、翌年はバイトに行かなかったが、ここでの思い出は私の元気の源となっている・・・。
 自然の偉大さに比べたら自分の悩みなんてちっぽけなのものだとも思った・・・。
 平野では想像もつかない大きな雨粒・・・耳を劈くような雷鳴・・・。
 少食だった私はいつの間にか大食漢になっていた・・・身体を使って働くことも覚えた・・・時間の大切さを知った・・・人の温かさを知った・・・。


 きっとどんな苦悩にも私は耐えられる・・・そんな気がした・・・。


 もし、悩んでいる高校生、大学生の方がいらっしゃったらリゾートで働いてみるのも一つの方法だと思いますよ。



再投稿でゴメンナチャイ
b_04.gif


痩せてから出直しましょう!

 昨日に引き続き楽な健診、キツい現場に行ってきました。今日はTさんのほうが早くて、「まだ開いてないのよ~。」
 間もなく、会場の方がいらして空けてくださったのでセッティングを始めたら・・・ボチボチ受診者が・・・責任者がいなくてはどうしようもないので中で待っていただいた。気まずいので廊下に出て責任者を待つ・・・・待つ・・・・待つ・・・・。
 ようやく現われたと思ったら寝坊しただと! 開き直りかよ!! まぁいつものことだけど・・・。


 昨日の受診予定者が押し寄せるかと思って構えていたら・・・・昨日の半分も来なかった・・・。
 ヒマな時間の居心地の悪さ・・・・おまけに、普段、人には飲物は受診者の目につくところにおくなと言っておいて、自分は何よ?! テーブルに出しっぱなしじゃねぇか!


 まぁ、終わったからいいんですけどね・・・。


 それよりも、Tさんからとてもいいお話を聞いたので紹介しましょう。


 彼女がまだ病院に勤めていた頃のお話で、その病院にいたDr.のことなんです。
 膝が痛いとか、腰が痛いと言ってやってくる患者さんに一言。


「痩せてからいらっしゃい!」


 そりゃあ、肥満になれば足腰に負担がかかって痛くなるわな・・・だからといって薬で痛みを抑えても、痩せなければ問題解決はしない。
 メタボをはじめ、生活習慣病は、まず、生活習慣を改善できたら保険適用、改善できないうちは全額自費ということにすれば、医療費はかなり低減することができるんじゃない?


 言っておきますけどねぇ、自覚症状がなければ病識がもてないのはあまりにも無頓着ですよ。
 格差社会の中で保険証をもてない低所得層は深刻な病気になっても病院に行くことができずに重篤になったり、命を落とす人が増えるでしょう。その一方で、安定した人々は自堕落な生活を改めず、医療費をムダ食いする・・・。
 先々考えたら恐ろしく、悲しいですね・・・・。だって・・・自分だけは食べたいものを食べて、飲みたいものを飲んで・・・医療費食いつぶして・・・そんな人達に規範意識を持てとか、正義感を持て・・・なんて期待できないよね・・・。


だから健全な精神は健全な肉体に宿るんだってば!
b_04.gif


ぼやきまんがな・・・・

 朝早い健診現場に行ってきました・・・朝から眠いこと眠いこと・・・。
 眠気をこらえて行ったのに・・・・現場に着くと誰もいない・・・。


 おかしいなぁ・・・・機材車も来ないし・・・・でも、日時、会場は間違ってないし・・・Tさんも来て、おかしいねぇ・・・・。
 もうとっくに集合時間は過ぎてるのにねぇ・・・・。


 15分ぐらいすぎてようやくチーフが到着・・・・。恐れていたことが・・・・HGがいるじゃないか・・・はぁぁ・・・モチベーション↓↓
 フォローアップ健診なので、スタッフは元請チーフ、ウチのチーフ、Tさんと私・・・・このムードに耐えられるのか?!


 HGの言い訳、「車待ってたら遅くなっちゃった」・・・逆でしょ? アンタを待ってたから遅くなったんじゃないの? しかも、現場に来てからハミガキ?! 顔も洗うヒマなかったくらい寝坊したのね・・・言い訳しなくてもアンタが遅刻常習者だってことはわかってるわよ。


 それから、朝イチは結構並んでたからパニクっちゃって・・・動線メチャクチャ・・・。そんなの最初からわかってるんだから頭の中で考えておいてよ!


 一通り、ピークが過ぎたので検査伝票やら受診票やらの整理・・・通常の健診でやらない作業なのでわずらわしいったらありゃしない。
 見ると・・・はぁ?! チーフ2人で喋ってるじゃないか!? そんなヒマあるんだったらそっちでやってよ!!


 ピークが過ぎると受診者はたまにしか来なくてヒマ~~~・・・喋ってないと寝ちゃうよ~~~。Tさんとヒソヒソ・・・なんだよなんだよ?! アンタだってさっき喋ってたでしょ!! しかも受診者の前で携帯で喋ったり、メールやったりっていうのもしょっちゅうやってるでしょ?!
 人に言う前に自分でしょ?!


 ようやく終わっって次の目的地へ・・・。


 午後はちょいと研修の予定があって・・・研修のことはまた後日、アップしますね。


明日の朝、お腹が痛くなりたいるみにゃんままです
b_04.gif


前を向け! 腕を差し出せ!!

 今日は、先週行ったノンストップの健診現場です。アタシのキライな幅広テーブル・・・・腕が遠いよ~~~。しかもノンストップだからいい加減クチがまわらなくなる・・・・。


 何言うんだっけ・・・次、何だっけ・・・・沈黙・・・・。


 ホームグランドの現場なら気分転換に若いお兄ぃちゃんをからかったり、ネタやったりするのですが、今日は人ン家の現場だから必要最低限のことだけしか言わずに・・・次へ・・・・。
 しかも、ここは21G(ゲージ)の太いシリンジ(注射器)しかないから、採りづらい人がいたらどうしよう・・・22Gが(ちょっと細め)あればなぁ・・・ちょっとドキドキ・・・。
 幸い、とりあえずは採れたのでホッと一安心。


 それよりも先日、足が痛くて足を引きずっていたからかなぁ・・・このところ腰が痛くてのた打ち回っていたのに・・・今日の幅広テーブルでさらに悪化どくろ ズキズキ・・・ズキズキ・・・。


 だからぁ~、採血が苦手なのはわかるけど、ちゃんと前向いて座って!! しっかり腕を出してよ!!
 しかも、枕(腕を乗せるヤツ)がいつものと違うから、ち~と角度がとりづらい・・・かなりムリっぽい体勢・・・イテテテ・・・。
 まぁ、今日でもうここは来ないからいいや・・・。


 今日はウチのスタッフいないなぁ・・・と思ってたら、尊敬するTさんがいらしたので少し心強かった。彼女は女子担当で、私は男子担当だったから部屋は別だったけど、いてくれるだけで心強い!


 終わってから一緒にランチして帰った。そりゃあ、お決まりビールつき!!
 ランチメニューのうな丼で精をつけてきたぞ!!


 さらに心強いことに、明日と明後日はHG(ドイツ語で読むべし)がチーフの現場・・・気が重いなぁ・・・と思っていたら2日間、彼女と一緒っていうことがわかって、お~し! 乗り切れるぞ!!


 それよりも・・・・稲妻ですよ~~~。
 ピカっと光ったと思ったら、バリバリ~~~ドカ~ン!!


 だ~か~ら~・・・雷は苦手なんだってば!! お腹が空いたなぁ・・・と思いながらも、怖くてなんもできん・・・ひたすら部屋の真ん中でうずくまってた・・・。


 うん、ようやくおさまってきたかな・・・・よし! ご飯を作ろう!!


さて、明日は久々にニワトリと早起き勝負です!!
b_04.gif


美しい国は家庭の躾から

 先日、町内会主催の防災訓練に行ってきました。回覧板に書いてあるメニューを見て、いいかも・・・と思って行ったのですが・・・。


 見落としていた・・・年齢制限がないことを・・・。


 行ってみたら子どもと高齢者がほとんどで、実践で活躍すべき現役層がほとんどいない・・・。
 これじゃたいした訓練はできないな・・・。


 それでも、せっかく来たのだから参加しようと思っていたら・・・


 始まらない・・・時間になっても始まらない・・・・・・・・。


 ○○(町名が入ります)時間ね・・・オンタイムでやってくれよ~~。


 ようやく始まったと思ったら・・・・


 案の定、行儀の悪い子どもが消防署員の説明をさえぎったり、勝手に展示してある災害用簡易トイレをいじったり、とにかく不規則発言しながらチョロチョロ動き回る!
 保護者よ!! ちゃんと注意しろよ!!


 5つのブースを5つのグループごとに体験するのですが、どこに行ってもその子は・・・・


「もう1回やる~~~!!」とか、
勝手に説明している消防署員に話しかけたり・・・消防署員も困っている様子だった。小学校のグランドでやっていたので、校長も出張ってきていたが、校長も校長で何にも注意しない!!
 ダメだこりゃ・・・・・


 最後は体育館でAEDの説明だったが、説明を聞くのに飽きてきた子ども達、じっとしてられなくて、隣の子供達とふざけ始めた。さっきの子を中心にして騒ぎ始めて・・・説明なんか聞こえなくなった。
 それでも親たちは何も注意しない!!


 どうなってんだ?!


 ようやく一人の父親らしき人がコラ! と言ったので、ちゅうしてくれるのかなと思ったら、頭をぶっ叩いただけだった・・・。
 理由もいわずに叩いたって躾にはなりませんよ~~!! しかも言うこと利かないし・・・・。


 学校で何を教えようとも、普段の行儀作法ができていなければ教育再生なんて成就するはずがない!
 せめて他人に迷惑をかけない躾ぐらいはきちんとやってほしいものですな・・・。でもまぁ、親もお行儀が悪いんだから仕方ないか・・・そのまた親も・・・


 いいですか?! 子どもは教えられて学んでいくのです!! 教えられなければ学びませんよ!!


道徳教育よりも先にお行儀教育が先でしょ・・・
b_04.gif


指の次は・・・厄年は終わったのに・・・

 今日の健診現場はちょっと遠いところ・・・早めに出て朝食を摂ろうとうしどん屋ここをくりっく)に入り、券売機で朝定を買おうとしていたところ・・・


「オハヨ~!」


 同じ現場に向かうスタッフが・・・いやぁねぇ・・・朝から女二人、うしどん屋で・・・


 朝からぶっ飛ばした割にはサクッと終了。予定よりも早く終わったが・・・当然のようにランチへ・・・。
 今日、みんなで行ったのはイタメシ屋。これまた当然のように・・・カンパ~イ!!
 ランチタイムの禁煙時間に限界が来たところで帰りましたが、吸えたらおかわりしてだろうなぁ・・・。


 それにしても痛い・・・足が痛い・・・歩けない・・・機材を出す時に機材が引っかかって、ジェラルミンケース(かなり重い!)のキャスターがモロに足の甲に落ちた・・・。その時は、大したことないと思って仕事をしてたのに・・・時間が経てば経つほど痛みが増してきた・・・。
 でも・・・指のケガのあとにまた怪我なんて・・・現場で言えなかった・・・。
 駅からの帰り道はいつもの倍の時間がかかった・・・買い物する気力もなかった・・・。骨折まではしていないと思うんだけどなぁ・・・そんなに腫れているわけでもないし・・・。
 とりあえず湿布を・・・・え・・・しまった・・・湿布薬の箱だと思っていたのは・・・熱さまし用のシートだった!
 まぁ、どうしても腫れがひどくなれば保冷剤を使うとして、今日はこのシートで代用しようっと!
 とりあえず、今晩はこれで様子をみて、明日になっても痛みがひかなければ・・・どうせ通院してるんだし・・・。
 今年はケガ続きで・・・なんでだろー・・・・。


厄年はとっくに終わったのになぁ・・・
b_04.gif


制服に萌え~~~!

 今日は悪名高き? 高血圧集団? の健診現場です。このシリーズも何週間目かに入りましたが・・・・


 こんな受診者が少なかったのははじめてです!! 慣れている人、慣れていない人・・・まぁこんなもんかな・・・。
 受診者の途切れる時間がポツポツあって・・・隣のナースとしてた会話。


制服ってさぁ、騙されるよね。」
「そうそう!なんかカッコよく見えちゃうよね。」
「結局、私服とか、裸になっちゃえばその辺のオッサンなんだけどね・・・。」
「そうなんだよね・・・。」
「パブとかホストクラブとかで制服でお出迎えとかってあったら結構萌えるかも・・・今日は、どの制服にしますかぁ? なんて・・・。」
「るみにゃんママさんなら何が萌えますか?」
「やっぱオレンジでしょう!! 訓練風景とか結構、萌え~~だよね。」
「いいですよねぇ!! 私は海上保安庁とかもすきだな・・・。」
「そうそう! 巡視船の船長とか萌えるよね!! でもさぁ・・・白衣ってないよね・・・。」
「ないない!! 絶対ない!!」
「自衛隊だったらどこがいい?」
「やっぱ空海ですよねぇ・・・。」
「うんうん! 陸はないね・・・。」
「でもさぁ、なんで制服ってカッコよく見えちゃんですかねぇ?」
「オジさんがセーラー服の若い子見て、みんなカワイイっていうのと同じだよね。」
「そうなのかなぁ・・・。」
「でもさ、私らも白衣脱いだら、ただのババァじゃねぇかとかっておもわれてるかもね・・・。」


さて、今晩は萌え~な夢が見れますように・・・
b_04.gif


 今日は某大手企業さんの健診にハケンで行ってきました。機材やらレイアウトやらいつもと違うし、メンバーもほとんどが知らない人なのでなんだかやりづらかった。
 こんな空気で来週、採血やるのイヤだなぁ・・・。


 しかも・・・・スタッフも多いけど受診者も多い! スタートしたらノンストップ! ヘンに疲れてしまった・・・。


 終わってから一緒にハケンで行ったスタッフ2人とパスタランチして帰りました。


 う~~~ヘンな体勢でやってたからかな腰が痛いどくろ


 明日も早いし、今日は疲れたのでそろそろフロ入って寝ます・・・。


たいしたネタがなくてすまんが、くりっくはしておくんなせぇぃ!
b_04.gif


探し物はなんですか・・・・?

 今日は雨だ・・・と思ってたら、早々に雨は止んでしまい陽射しは強くなり・・・やっぱりアツいぢゃねぇか!!!
 というわけで、久しぶり今日は納涼祭祭りといきましょう!!


 それはまだ、昭和30年代のとある町工場でのお話です・・・。


 当時はまだ、セ○ムなんていう警備会社などなく、工員が当番制で夜警にあたっていました。ある夜、一人の中年の男性工員が見回りをしていました。すると・・・・・・


バサバサバサ!!!!!


 真っ黒い塊が・・・


 驚いた工員はよろけて誤って機械のスイッチに手を触れてしまったのです。


ぐぉぉぉ~~~~ん・・・


「あ・・・うぎゃああああああああ!!!!!!」


 機械に腕が巻き込まれてしまったのです。その工員は薄れていく意識を奮い立たせて数十メートル離れた社長の自宅にたどり着きました。


ドンドンドン!!!!


「し・・社・・しゃちょ~~・・・・」


 必死で社長をたたき起こし助けを求めました。すぐに救急車は来たのですが、彼の右腕は二の腕から無残に切断され、おびただしい出血であたりは血で赤く染まっていました。


「あぁ・・・これで助かる・・・。」


 そうつぶやくと彼は意識を失いました。


 翌日、事故のことを知った工員達は、口々に「お気の毒ねぇ」、「でも命が助かってよかったわよね」などとささやいていました。
 そしてその夜・・・別の工員が夜回りをしていた時のことです。


バサバサバサ!!!!!


「うわっ・・・コウモリだ・・・ションベンくせぇなぁ・・・アイツらションベンやらクソやら巻き散らかしていきやがる・・・。」


 そのとき・・・・・


「おぅ! ○○じゃねか。今晩の夜回りはオレっちだぜ。なんか用か?」
「あぁ・・・ちょっと落し物しちゃってよ。探しにきたんだ。」
「そんなの明日、明るくなってから探しゃいいだろうよ。」
「明日じゃ間にあわねぇんだよ。」
「そんなに大事なものか? だったらオレっちも一緒に探してやるよ。」
「そうかい、そりゃ助かるな。じゃあ、頼むよ。」
「で、一体、何さがしてんだ?」
「それはなぁ・・・・」


ここから先は魔除けのクリックを押して奥の間にお入り下さい・・・
b_04.gif


続きを読む »

あったらいいのになぁ・・・

 今日も外に出るとサウナのような暑さ・・・先日、こんな記事を書きましたが・・・エゴロジー?(くりっくしてね)


 今日も今日とてスーパーの帰りにふと思った・・・。


 このところ、石油価格高騰! なんてニュースで騒ぐモンだから、街頭インタビューでワガママ、クチだけ庶民らが、家計を直撃!! なんて騒いでるよね・・・。


 でもさぁ、マイカーあるだけ余裕でしょ・・・。しかも、お盆の混んでいるときに車で移動するよね・・・。混んでるから燃費悪いよ~~~。しかも、エアコンつけてたらなおさらだよね・・・。さらに、行き先はリゾート?!


てめぇらフザけんじゃねぇよ!!


 だったら公共の乗り物使えば? 障害者とか、高齢者、授乳の必要な乳児限定で許可! それ以外、つまり、贅沢でマイカー移動する人には高速代は倍付け! しかも、誰であろうとリゾートとか、遊びに行く組も倍付け! そうすれば少しは混雑が緩和されるかも・・・。


 それからね、航空券もお盆とかは高いよね。だからアタシはお盆を避けてお墓参りに行きます。ホントはお盆に行きたいんだけどね・・・。
 だから、遊びに行く人は高い航空券、お墓参りに行く人は割引チケットってよくね?
 ほんでもって、お寺さんとかでちゃんと○○家先祖代々の墓参りをしましたという証明書を発行してもらって、高速の出口とか、空港のゲートとかでその証明書を出せば、キャッシュバックしてくれるような・・・証明書には、天候とか、その日のニュースとかを入れてズルできないようにして・・・。
 そしたらちゃんとお盆にお墓参りに行けるかなぁ・・・。


 まぁ、実現可能性はないことぐらいわかってますよ。でもねぇ・・・お盆休みにやれ海外だ、やれリゾートだなんて言っている輩を見ると、オマエらのためにチケットが高いんだ、しかも取りづらいんだ! とか思ってしまうんですよ。


チケット税金もマジメに生きている人が恩恵を受けられるようにしてほしいモンですな・・・
b_04.gif


子ども達に本当に必要な教育とは・・・

 また一つ残念なニュースがありました。祖父は殺害、祖母は監禁、孫の少年は罪を認めているという報道でした。
 もし、少年が本当に殺害したのであれば・・・・


 現在のところ、身柄の確保、警察段階での取調べですから刑や処分は確定していません!! ←ココ大事なところです!!
 詳細はサイコロジストカテゴリーの「臨床家のためのこれだけは知っておきたい法律用語」をお読みください。


 さて、この家庭は社会的にどのような立場になるでしょうか。


 同じ血筋をひきながら殺害された祖父の被害者遺族であり、加害者家族でもあるという複雑な立場に立たされます。これは殺人だけに限らず、DVや児童虐待でも同様です。


 しかし、ニュースやワイドショーの近隣住民のインタビューを見てみると、結構、「教育に熱心なおじいちゃんだった」というコメントが流れていました。


 おや・・・・・?


 本当に教育に熱心ならどうして人を殺めたりしたのでしょうか? 人としていかなる苦境に立とうとも人を殺めてはならない。これは普遍的なものです。また「法」もそれを許してはいません。現に、オウム事件殺害を命じられ、従わなければ自らが殺害される危険があったとしても許されることではないことはすでにご存知の方も多いでしょう。
 こんな大切なことを教えないで「教育熱心」といえるのでしょうか?


 単に学校の教科教育や受験に熱をあげていただけのことではないでしょうか。もし、人を殺めてはいけないという合理的な行動がとれないまでに精神的に追い詰められていたとしたら・・・それは青少年が健全な社会生活を営むために行われる「教育」と言えるでしょうか?


 教育とは、文字通り教え育むことです。やってはいけないこと、社会の構成員として果たさなければならないこと、他者と協力して社会生活を営むために、相手の立場を思いやること、自分がやられてイヤなことは相手にもしないこと、節度ある態度で礼節を重んじること、先祖を、親を敬うこと・・・それが最低限の人としてのマナーであり、社会のルールなんだという理解をするために必要最低限の学問として、教科教育は行われるのです。


 残念ながら追い詰められた子どもが親を、あるいは祖父母に危害を加える、殺害するという事件が後を絶ちません。
 もちろん、刑事事件として加害者を野放しにしたり、「人権」を認めず「罪に問わない」わけにはいきません。犯した罪の償いはしなければなりません。
 しかし、大人や社会の歪んだ「教育」によってとことん追い詰められて罪を犯してしまった少年達は、社会の犠牲者なのです。
 もちろん、このような親族間での犯罪に限りません。少年院や少年刑務所に入所している少年達の中にも「社会の犠牲者」はたくさんいるのです。 

 
 日本は法治国家です。法治国家である以上、定められた法律は守らなければなりません。もし、罪を犯してしまったなら「人権」を持っていれば必ず罪は償わなければなりません。


「どうして微分積分なんてやらなきゃいけないの?」
「どうしてややこしい化学式なんて覚えなきゃいけないの?」


 そう問われたとき、なんて答えますか?


 やってはいけないこと、やらなければならないことを原理原則にしたがって、論理的に理解するために必要なんだということを教え、諭し、そして育まなければならないのです。
 そのためには、まず、私たち大人が健全な言動のとれる人間であることが先決なのです。


 目に見える現象に対して感情的に非難するのではなく、問題の本質を弁えたうえで冷静に、バランスよく考えることができる大人でいたいですね。


本当に心を痛めなければならないのはだれでしょう・・・
b_04.gif


オトナの遠足:その7

 ノラ子です・・・るみにゃんママが夢でうなされてました・・・なんか仕事のことでストレス溜めているようです・・・もっとノラ子みたいに気楽に生きることができたら楽なのにね・・・。でも、その神経の細かい(神経質ではありません! 念のため)ところがまぁいいところでもあるんですけどね・・・。


 さて、今日の遠足レポートはホッキョクグマです。どうみてもピース君のほうがカワイイですよね・・・。


20070821192426.jpg



 文字通り、北極に住んでいます。肉食獣なのでセイウチを襲って食べますが、基本的には雑食です。食に貪欲なのはるみにゃんママと似ているかも・・・。カワイイ顔に似合わず人も襲います。所詮、クマですからねぇ・・・。身体の割にはアタマが小さくて太い手足が気味悪いです。ヒグマなどは冬眠しますが、ホッキョクグマは妊娠中のメス以外は冬眠をしません。ノラ子は年中冬眠していたいですが・・・。


 そういえば・・・昔、乗鞍岳に行く途中のドライブインに小グマがいて、るみにゃんママはしきりにカワイイと言っていましたが・・・ノラ子にはどこがカワイイんだかさっぱりわかりません・・・ノラ子のほうがずっとずっとカワイイのになぁ・・・。


どこかに優しいネコがいたらノラ子にかわってるみにゃんママに抱かれてください
b_04.gif


オトナの遠足:その7

 ノラ子です・・・いつまでこの暑さは続くんでしょう・・・あまりの暑さに気分が悪くなってゲロってしまいました・・・なのに・・・なのに・・・ママさんたら・・・心配してくれるどころか、新しい畳で吐いたって叱られました・・・。


 さて、遠足レポートも今日で6回目を迎えました。今日は、るみにゃんママが一度は抱いてみたいと言っているペンギンです。


20070820220202.jpg



 オウサマペンギンは、南極圏の島々に住んでいます。ヒナは独特の羽毛に覆われていますが、大人の毛に生え変わる時は、体内に貯えた栄養分で過ごし、完全に生え変わるまではエサを食べません。
 るみにゃんママとか、ノラ子だったらゼッタイ耐えられないですね・・・。抱いてみたいるみにゃんママはおかしいけど、ペンギンネコが一緒のお散歩だったらいいかも・・・。


思ったより大きいのでちょっとびっくりしたノラ子です・・・
b_04.gif


オトナの遠足:その6

 ノラ子です・・・この暑さ、もう限界です・・・ネコにとっては辛いの気候です・・・でも・・・ママさんはクーラーに弱いし、構造上、設置が難しいので扇風機でガマンです・・・。


 さて、今日の遠足レポートはるみにゃんママが一度は乗ってみたいと言っているダチョウです。


20070819172424.jpg



 ダチョウはサバンナに生息している最大の鳥類です。飛べませんが早く走れます。さすがに間近で見ると迫力あります。こんハゲちらかしたようなアタマで気持ち悪く長い首の飛べない鳥に乗りたいなんて・・・やっぱりるみにゃんママはおかしいですぅ・・・。


ノラ子は、乗るよりもダチョウレースに賭けるほうがノーマルだと思います
b_04.gif


昼間っから・・・イヤ~ン

 よかったぁ~~!! 今日の健診現場もメンバーやチーフに恵まれた!!
100数十人をノンストップでこなして終了。ここは担当者の方からスタッフにお茶の差し入れ。いい現場だ!!


 終わってから仲良しKさんとランチ! 現場近くの居酒屋で定食を・・・ピークタイムを過ぎていたせいかお店はガラ空きで、落ち着いたいい感じのお店。
 なにはともあれナマビールでカンパイ!!


 とにかく盛り上がるだけ盛り上がって・・・おかわりのビール・・・おまけにヤキトリやらなんやらつまみも注文。気がついたらお腹が・・・ギ○ル曽根の食後のようになっていた・・・ヤバ!
 気がついたらもう夕方・・・今度は夜に盛り上がろうね! と言ってバイバイした。


 ところで朝、ジャンクフード(単なるファーストフードね)屋で軽く朝飯&1服してたら・・・・私の後ろの席にいまだ夜のノリの若者が・・・まぁ、よくある光景なので気にしていなかったのですが・・・


「あぁ、あそこはダメ! ミカジメ(いわゆるショバ代ね)取られっから・・・」


 あとは聞き取れなかったが、「ミカジメ」という言葉に反応して振り返ると・・・若いお兄ぃちゃんとハデで若いお姉ぇちゃん、そしてもうひとりは・・・セ・・セ・・セ~ラ~服!? じょ・・・じょ・・・じしこ~せ~?!


 一体おまいらどんな商売やっとんじゃあ?!


偽装に改ざん・・・こんなオトナがいるからだよね・・・
b_04.gif


突然元カレが・・・

 ある日突然・・・元カレが訪ねてきた。


「もう一度、君とやり直したい。」
「今更何言ってるの?!」
「今度はちゃんとする・・・ちゃんと君の気持ちを大事にするから・・・。」
「信用できない・・・。」


 長い沈黙・・・・


「とりあえずお昼だし、食事にでも行かないか?」
「わかった・・・。」
「この近くに行きつけの寿司屋があるんだ。」


 私はとの食事はどうでもよくて、お寿司が食べたかった。そのお寿司屋さんに着いたが、あいにくランチタイムは終わって夕方まで「準備中」の札がかかっていた。
 仕方なく私たちは近くの洋食のレストランに行った。なんとなく店の雰囲気がイヤで居心地が悪くて、その店で食事をするのはイヤだった。


「出よう? なんだかイヤな感じ・・・。」
「今からそんなこと言うなよ。あ、ちょっと・・・。」


 は次々とオーダーし始めた。


「そんなに食べきれないでしょう?」
「いいんだよ。」
「さっきの私の気持ちを大事にするって言ったのはなんだったの?! ちっとも昔と変わらない・・・やっぱりあなたとはやり直せない。」


 そのまま私は席を立って店の外に出た。店の外に出たのはいいけど、お腹がすいていた。もうどこもランチタイムは終わっているだろうなぁ・・・やっぱりお寿司が食べたかった・・・。
 私は、どこでもいいからお寿司屋を探したが見つからなかった。結局、食べる元気も失せてきたので帰ることにした。


 駅のホームを歩いていたら赤いシャツの白人のを連れた女性が立っていた。私はが見たくてその女性の後ろに並んだ。


 え・・・・・・・?!


 どうやらが追いかけてきたようだ。手にはデパートの包装紙に包まれた小さな箱を持っていた。
 でも、私は気がつかないフリをして前を向いて電車を待っていた。


 は私を見つけるだろうか・・・見つけたらなんて言うんだろうか・・・。


 ♪


 ????????????????????????????


 目覚まし時計の音だった・・・・・・・・・。


 騙されました? アタシが昔のオトコとメシ食いに行くわけがない!!!! ヤツがウチに来ると思っただけでゾッとするよ。夢に出てくるだけでも胸クソ悪いよ!!
 まぁ、なにはともあれ夢だっただけ不幸中の幸い? 明日はいい夢見れますように!!


カワユイ男の子とすれ違うと振り返って目ヂカラビームを飛ばするみにゃんママです
b_04.gif


オトナの遠足:その5

 ノラ子です・・・せっかくいい新聞があるからゴロンすると、ママさんに「今、読んでるでしょ!」と怒られます・・・。ジャマするつもりはないけど、直寝はヤなんだもん・・・。


 さて、今日の遠足レポートは・・・ゴリラの森です。ゴリラは、赤道直下のジャングルに住んでいます。以前、柵の内側に転落した赤ちゃんをメスゴリラがオスゴリラから守ったというエピソードがある反面、とても神経質で不審(ゴリラから見て)なものを警戒したり、下痢を起こしたりすることも知られています。


20070816164702.jpg



 ノラ子が思うには、優しさは強さに支えられ、警戒心は智慧に支えられているものではないでしょうか。ゴリラを見ているとそんな気がします。


ゴリラを見ると、思わずゴリラよ~オマエ~は~と口ずさみたくなるるみにゃんママです
b_04.gif


お盆休みはお墓参りのためにあるんです

 みなさ~ん! お墓参りには行きましたか?


 今は車でぴゅ~とお寺さんまで行きますが、子どもの頃は親せきみんな揃って電車を乗り継いでお墓参りに行ったものです。
 3つ先の終点まで電車で行くと、フェリーに乗り換えです。お盆の頃には船着場からプカプカと不気味なクラゲが見えることもあります。私は、フェリーが大好きでした。磯の香がたまらなく好きでした。乗客も少なく小さなフェリーでしたから、私達の他に乗客がいないこともしばしば。そんなときはデッキから客室から子ども達のいい遊び場です。ほんの数分の航行ですが毎年フェリーに乗るのが楽しみでした。
 そして、フェリーを降りるとまた電車に乗り換えです。昔はフェリーなどなく、陸続きだったのですが、港を作ってしまったために路線が分断されてしまったのです。港の恩恵も受けていますが、県内の2大市街が分断されたため、人々の生活は不自由になり、マイカーに頼らざるを得なくなり、公共の交通機関は赤字路線となりました。当時の車両は床は木、揺れると網棚につり革が当たってカシャンカシャン・・・見事に揃って揺れているのがみょ~に面白かったのを覚えています。
 いくつか停留所を過ぎて電車をおりて、後は徒歩でお寺に向かいます。子どもの歩調に合わせていたからでしょうか、2~30分は歩いたような気がします。途中、1軒だけ小さな売店があります。いつもそこで小休止します。店の前のベンチに座って食べたイチゴ味のみぞれを木のスプーン(ヘラ?)でホジホジ・・・・まわりは田んぼばかりだったので、道中は植物や昆虫に目を奪われてなかなか進まない一行でした。
 ようやくお寺についてお参りを済ませると、住職の奥様が本堂で冷たい麦茶をふるまってくれます。オジサンの持っていた扇子から漂う白檀の香とお線香の香がなぜか落ち着くヘンな子どもでした。


 さて、8月15日はお墓参りの日だけではありません。毎年、母が欠かしたことのないこと、それは正午にテレビを見ることです。戦没者慰霊祭の中継があったのです。
 それを見ながら玉音放送を聴いたときのことを毎年毎年私に語って聞かせるのです。
 空襲警報がなったら幼い兄弟に防空頭巾をかぶせて手を引いたり、おブって防空壕に駆け込んだこと。学校では、防空壕の上に畑を作ってカムフラージュしたことも・・・なぜか防空壕では静かにしたこと・・・当時は騒ぐとB29に聞こえるって言われてたそうです。母は、そんなことあるわけないのにねと今は言っています。
 配給が少なく、食べるものがなくてドブ川から取ってきたコーリャンで団子を作って食べたこと、せっかく手に入れた一番下の妹の粉ミルクをすぐ下の妹がこっそり舐めてミルクが足りなくなったこと・・・憲兵隊の怖さや、一針ずつ縫った千人針のこと・・・何もかもが私には想像すらできない話ばかりでした・・・。


 そして今、災難に見舞われたとき・・・苦しい時、辛い時・・・悲しい時・・・両親が語ってくれた戦時中のことを思い出すのです。まだ頑張れる・・・戦時中の大変さはこんなもんじゃなかったんだ・・・こんなヤワな自分じゃいけない・・・そう思って自分に渇を入れています。


 「大変さ」や「苦しみ」は時代によって違います。もちろん、戦時中と高度成長真っ最中の私の子どもの頃も違うし、現代とも違います。確かに、戦中戦後の「自分が」生きるだけで精一杯だった時の利己的、攻撃的なメンタリティをそのままにしておいたせいで「今どき」の若者や子どもに受け継がれているのは否めない事実です。しかし、その若者や子どもに明日の老後を託さなければならないのも避けることはできません。
 おそらく、今の70代前半が最後の語り部になれる世代でしょう。その世代はいつかいなくなります。だからといって「終わらない」戦争を風化させてはならないと思います。
 今後は、直接、体験者から語られたことを受け継ぎ、さらに子々孫々語り継いていかなければならないと思います。


 そして、お墓参りの際には波乱の昭和を経て受け継がれた命であることを再確認し、ご先祖様に感謝し、さらに「命」のバトンを渡すことを誓う日にしてほしいものです。
 ご先祖様があったからこそいただいた命、命のバトンを渡すまでは勝手に絶やしてはならないのです。そんなことを含めて、お盆休みにレジャーもいいですが、お墓参りだけは欠かしてはならないセレモニーにしていただきたいと思います。


お盆休みはお墓参りのためのお休みです
b_04.gif


オトナの遠足:その4

 ノラ子です・・・いつもは夕方になると涼しい浜の風が入ってきて絶好のお昼寝日和になるのですが、このところ夜になっても涼しくなりません・・・毛皮を脱ぎたい気分です・・・。


 さて、オトナの遠足:その4をレポートしたいのですが・・・ノラ子は恥ずかしい・・・年中ヘアーヌードのノラ子でもはばかられるような・・・。


20070814224824.jpg



 ライオン舎のお隣はトラ舎です。今では数が減り、野生で見るのはとても難しくなっているそうです。肉に食らいつく姿はとてもノラ子と同じネコ科だとは思えません。まぁ、るみにゃんママに言わせれば、るみにゃんが煮干に食らいつく姿はまさに黒豹だとは言ってましたが・・・。ただ、違うのはテレビで紹介されましたが、水浴びをしたり、温泉に入るトラ、ノラ子は間違ってもやりません!


 さて、このトラ舎、やっぱりガラス越しで面白くありません・・・。おまけに修学旅行と思われる女子中学生がぎゃあぎゃあ喚いていてうるさくって仕方がありません。ゆっくり見ることなんてとてもできませんでしたが・・・・


女子中生1「ねぇねぇ、あれオスだよ、オス! チ○チ○ついてる・・・でもさ、ちっちゃくね?」

女子中生2「うん、身体の割りにちっちゃいよね!」


 オマエらどこ見とんじゃぁああああ!!! しかも女子中学生が人前でデカい声でいうような単語じゃねぇだろ!!
 その時・・・ホームビデオを回していたおじさん・・・・


トラはあんまし撮れなかったけど、別の意味で面白い音声が録れたよ。」


 おかげでるみにゃんママは笑いをこらえるのに必死でしたとさ。


ウマっ毛を出す競走馬にドキドキするるみにゃんママです
b_04.gif


オトナの遠足:その3:大きなネコ?

 ノラ子です・・・自分の毛をむしりたいくらい暑いです・・・縁側で寝ていると床がノラ子の体温でほんわかになります・・・ぬるくなったらゴロンして位置を変え冷たい床に移動します・・・でも、すぐにぬるくなります・・・るみにゃんやヤコにゃんはバニラアイスが大好きだったそうですが、ノラ子は甘い物は苦手なのでママさんが凍らせてくれたお水入りペットボトルに抱きついています・・・。


 さて、るみにゃんママのオトナの遠足、パンダ舎を抜けて進むと猛獣コーナー、るみにゃんママの大好きなライオン舎です。


20070813211021.jpg



 なんだか痩せちゃっているように見えるのは気のせいでしょうか・・・。るみにゃんママは、この大きなネコ? とネコジャラシで遊んでみたいなんてバカなことを言っています。子ライオンならわかりますけどねぇ・・・。
 さて、このライオン、生息しているのはアフリカのサバンナ(インドにもいるよ)。プライドと呼ばれる集団で生活をしていますが、食料の調達は女仕事。ライオンは狩猟ですが人間ならスーパーでお買い物といったところでしょうか。オスは外敵からプライドを守ったり、時には狩りのアシストもすることがあるそうです。
 最近では、新しくプライドの主となったオスが元主の子ライオンを殺してしまうのもよく知られるようになりました。元夫? の子どもの育児中は発情しないので元夫の子どもを殺してしまうわけです。子どもがいなくなったメスはすぐに発情し、今夫のアプローチを受け入れます。その点、人間は育児、養育中の子どもがいても次々にオトコを変えるメスがいますね。子どもが成人するまで発情しないメカニズムになっていれば300日問題とか、虐待とかも少なくなるんじゃないかなぁ・・・なんてノラ子は思います。もちろん、ノラ子は子ども達が独立するまで次のオトコは受け入れなかったですよ~。残念ながら今は女も卒業してしまいました・・・・残念!
 しかしながら、建物の中からガラス越しにしか見られないのはかなり残念!! 暗いし・・・死角は多いし・・・やっぱり動物園は外で柵越しに見るのがいいよね! 昨日書いたようにマナーの悪い人達がいるから仕方ないのかなぁ・・・。


自然光でライオンを見たかったるみにゃんママです
b_04.gif


オトナの遠足:その2

 ノラ子です・・・今日はるみにゃんママのオトナの遠足:その2を紹介するにゃあ!
 るみにゃんママが入場したのは表門ですが、入ってすぐ、キジやハトのコーナーを越えたらすぐにパンダがあります。相変わらずパンダは子どもに人気があるようで人だかりの山。
 ところが・・・るみにゃんママが書いたように、あちこちにベビーカーが置いてあり、通路を塞いでいます。おまけに係員の「フラッシュをたかないでください!!」という声を無視してあちこちでフラッシュ攻撃!! そのせいかどうかはわかりませんがパンダはこの通り・・・


20070812192617.jpg



 イジけちゃいました・・・。全然、顔を見せてくれません・・・。待ちに待った遠足だったのに子連れ親子の傍若無人ぶりにガッカリしたるみにゃんママ・・・だから・・・体型はそっくりだし・・・シロクロだし・・・ノラ子が代わりに・・・・おまけにノラ子の毛のほうが柔らかいよ~~~heart2


 さて、このパンダ、漢字では大熊猫と書きます。クマなのにネコ? 分類では、哺乳綱ネコ目クマ科の属するそうです。だからネコ? じゃあ、同じパンダパンダでもレッサーパンダはというと、小熊猫とかくそうです。ですが、発見されたのはレーッサーパンダのほうが先で、「猫」がつくのはその名残ということらしいです。
 遺伝子上はやはりクマに近いそうです。また、パンダの子どもはネズミぐらいの大きさで生まれてくるのはよくご存知だと思いますが、だとしたら・・・身体のほとんどは贅肉?
 勝手な推測ですが、たっぷりの皮下脂肪のおかげでパンダはクマなのに冬眠しなくてもいいのかもしれませんね。


ノラ子もるみにゃんママも寒がりなので冬は冬眠したいです・・・
b_04.gif


猛暑日は引きこもりたい

 今回のシリーズは地元のために活躍する人々の健診で、今日はその初日です。
 朝イチから・・・・ガックシ・・・またもや出戻りが・・・あぁあ、最悪の日になりそうだ・・・。ブルーな気持ちだと機材もひときわ重く感じる・・・はぁぁ・・・。 
 まだセッティングもできていないときからチラホラ受診者が・・・簡単にミーティングを済ませスタート。見る見る間に受診者で会場が溢れた。
 さらに、今日は兼務と聞いていたから専任プラス兼務かと思ったら、一人兼務だった・・・。まぁ、採血対象者は少なかったからいいけど・・・。
 それに、今日は自動血圧計がメインだからヤツがガチャガチャやっても大した影響はないし・・・でも邪魔なんだよなぁ・・・。
 一般の人ができるような項目ばかり手伝って・・・だったら心電図手伝ってあげれば? できないだろうけど・・・技師なのに・・・採血なんて数人しかいないんだから、アンタが採血すれば? トラブルになるからダメだけど・・・。
 頼むから一刻も早く引きこもりになってください!! で、一生、社会に出てこないでください。みんなの迷惑です!!
 そう、現場なんてどんなにしんどくっても平気なのさ。でもね、デキの悪いスタッフはもの凄いストレスになるのさ!
 

まぁそんなこんなで現場終了! 外に出たら・・・灼熱地獄だった・・・うううぅぅ~~~涼しくなるまで帰りたくない~~~けど、涼しくならないだろうからとっとと帰るべ・・・。


 このシリーズ、同時に複数班現場にでるのですが、現場チーフによって仕切りが全然違うんだろうな・・・。次回の現場が今日と同じチーフであることを祈るばかりです・・・。


猛暑日は引きこもりになりたいるみにゃんままです
b_04.gif


エゴロジー?

 夕方、スーパーに買い物に行こうと歩道をテケテケ歩いていたら・・・


 んん?! なんだこの熱風は?!


 そうか・・・そうだったのか・・・・。


 夕方で車道は結構混んでいた。歩道を通り過ぎていく車のほとんどの窓が閉めきってある。ということは、ほとんどの車が中でエアコンをつけているってこと!
 それでこの熱風なんだ・・・。


 そこでハッと気がついた。このところエアコンの温度を上げましょうとか、打ち水しましょうとか言っているけど、各家庭だけじゃなくって車もエアコン消して窓開けようよ!!
 ウン、そうすれば排気ガスだらけの空気が車内に入り込み、こりゃ空気が悪いってことにも気がつくだろう。そしたら、喫煙者だけが悪者みたいに言われてるけど、喫煙者以上に車も悪いぞ!!
 そう! 受動喫煙に目くじら立てる野郎ども!! 先に排気ガスに目くじら立ててみろ!!


 打ち水だってそう! どんだけ~~の水を作るのにどれだけの電力が消費されているかわかってんのか?!
 このところ、エコバッグとかペットボトルとか、かえってエネルギーを消費するってこともわかってきたわけだし、ここいらでいい人ぶるのはやめてもらおうかねぇ。


 言ってやろう。エコエコだと騒ぎ立てるヤツに限ってエゴなんだ。間違いない!!


 冷静さを欠いた活動はかえって害悪であることを認識しなければならない。真の「」とは人知れず行うものであって、騒ぎ立てるのは単なるいい人ぶりたいヤツのエゴでしかない。
 そこで名づけて! エコエコと騒ぎ立てる連中のことをエゴロジストと呼ぶことにしよう!!


懐は温暖化にしたいるみにゃんママです
b_04.gif


ノラ子が紹介するオトナの遠足:その1

 ノラ子です・・・畳がピカピカで寝心地サイコ~!! 思わずゴロンゴロンしてしまいました・・・きっとママさんは・・・「しょうがない子ね」なんて優しく言ってくれるとばかり思っていたのに・・・「アンタ、爪出したら承知しないわよ!」だって・・・ウソつき・・・仕方ないから縁側でフテ寝していました。


 さて、ずいぶん日が経ってしまったのですが、お約束通り動物園の写メをノラ子が紹介するにゃあ!
 まずは関連記事、「オトナの遠足」をご覧ください。


 まず、るみにゃんママの憧れはコレだ!


20070810003722.jpg



コモドオオトカゲ


 インドネシアのコモド島に棲息している巨大トカゲです。るみにゃんママはこのトカゲの背中に乗って地を這うのが夢だとか・・・。
 趣味悪~~~~!! 握手してチュ~までしたいとか言ってるんですよ~。
もっと気色悪いのは単為生殖ができること、つまり、メスだけで繁殖できるんですよ~~。やっぱノラ子みたいに愛し合って生殖しなきゃダメだよねぇ~。


 てなわけで、続きはまた今度! るみにゃんママの遠足をリポートするにゃあ!


るみにゃんママってヘン!だと思う方は是非、クリックしてにゃぁ!
b_04.gif


ノラ子の宝物?

 ノラ子です・・・嵐の予感です・・・なんとるみにゃんママが小掃除なるものをやってしまいました・・・明日は大荒れかも・・・。


20070807225038.jpg



 おまけに何年振りでしょうか・・・漬物までつけちゃってます・・・。
 それよりもこっちは大変なんです!! 畳を新しくするというのでお兄ぃたまのお嫁さんのお父さんがやってきました。そう、オッチャンは畳職人なのです。でも、ノラ子は会うのがはじめてなのでず~っとお二階で隠れていました・・・。
 オッチャンが帰ってから恐る恐る降りてびっくり!! 畳が全部はがされていたのです!! ノラ子の遊び場が・・・・板になってる・・・。しょうがないから縁側でゴロゴロすることにしたのですが・・・ママさんはしょうがないなと言ってくれているのに、るみにゃんママは怖い(たぶん)顔して、新しい畳に爪を出すんじゃないよ! って・・・新しい畳を傷つけたら爪を切るなんて言うんですよ~~~!!
 そんなことしたら舌を切られたスズメと同じじゃにゃいかぁ!! どうせ獲物なんか捕らないけど・・・・宝? の持ち腐れだけど・・・余所のネコとケンカすることもないし・・・でもでも!! この鋭い爪はネコの象徴! ノラ子の宝なんですぅ!!
 でもしばらくは大人しくしてなきゃ・・・どうせ暑いし・・・ママさんも忙しそうだし・・・。


ノラ子の大事な爪を守ってくれる方はクリックするにゃぁ!
b_04.gif


究極の選択?

 先日、スタッフと九州に行った時の飛行機の話をしていたのだが・・・。


「1時間以上かかるならゼッタイ旅だな。」
「でもは沈むよ・・・。」
「でも、海は泳げるけど空は飛べないよ。」
「事故率はのほうが高いよ。」
「事故率といってもジコってんのは貨物とか漁でしょ? 豪華客の座礁とか衝突ってあんまりないんじゃない?」
「そうかなぁ・・・。」
「それに、どうせ死ぬなら飛行機で一瞬のうちに死ぬほうが楽じゃない?」
「でも、助かる率は船のほうが高いんじゃない?」
「でもでも、死体はドザエモンのほうがヒサンだよぉ。」
「じゃあ、陸路が一番いいんじゃない?」
「そうだけど時間かかるんだよなぁ・・・・。」


 さて、みなさんはどちらを選びますか? ちなみにジヌシ(やまいだれの中の寺ね)の先輩は、みんな飛行機で向かった学会に一人新幹線と在来線を乗り継いでやってきたツワモノです。


だんぜん飛行機のほうが便利だよという方はこちらをクリックしてください
↓↓

b_04.gif

安全性を考えて船だなという方はこちらをクリックしてください
↓↓


女3人寄れば・・・

 今日は日曜だけど健診現場に行ってきました。会場は建物自体が古くて空調も古く、送風口のトコロだけが涼しくてちょっと外れるとサウナ状態・・・・なにぃ
 流れる汗をぬぐいながら切れない列をひたすらこなしていく・・・。


 気になったのはある一家。親子揃って(家族企業?)血圧が高い! 息子たちも若いのにメチャ血圧が高い!!
 一人は肥満だから高くても不思議はないが、もう一人の息子はそう太っているわけではないのに高い!
 さては母親が高血圧を誘発するような食生活なんだな・・・。


 ただね、全体的に前年度よりは低めなんだけど・・・・


「去年はねぇ、ちょっと怖いセンエ~だったの。」


 誰だったんだろう・・・・・・・・・・・・?



 まぁいいや。そんなこんなで無事終了!! ナース3人でランチして帰ろう! ということになって、駅前のパスタ屋さんでランチ!
 しっかりビールもつけて言いたい放題!
 でも、いいストレス解消! 私の憧れTさんとも帰りの電車でゆっくり話せたし今日はハナマルの一日でした。


猛暑日に出るのは汗とカネばかりなり
b_04.gif


偏見と優しさ

 先日、あるお店でランチをとった。デザートまでついてるにリーズナブルなお値段に大満足! 味も美味~~~!!
 そして、もう一つ嬉しかったことが・・・・。


 デザートがついていることを知らなかったので、さっさと食ってさっさと一服しに行くべ・・・と席を立ったら女性の店員さんが・・・


「デザートもついております! すぐにお持ちしますので!」


 席に戻ると慌てて店員さんがデザートの抹茶アイスを持ってきてくれた。すると・・・・


「大変失礼いたしました。こちらですね。」


 そう、私の箸置きを見てスプーンを左利き用に逆に向けなおしてくれたのだ。この心遣いがなんとも嬉しいじゃございやせんか!
 最近はそんな気遣いのできる店や店員さんなどトンと見かけなくなったので最近は気にしないようにしてたんですがねぇ・・・。


 そこで、世の中って右利きで回ってるんだよなぁ・・・と痛感させられることを書き出してみようとおもう。


1自販機や券売機のコインやお札を入れる部分が入れにくい
2ファミレスのランチスープのお玉が右利き用なので使えない
3詰め替え用の液体(シャンプーや液体洗剤など)の切り口が右利き用(逆にすると裏になってしまい切り取り線が見えない)
4サイフからお金を出そうとするとカードをばら撒いてしまう
(カード入れの部分が逆さになる)
5ダイヤルや蛇口が右回し
6自動改札のタッチ部分が右側
7色んなスイッチが右側にあることが多い
8事務用品や台所用品の左利き用は高い
(最近、100円ショップで左利き用の鋏、カッターナイフを発見)
9人が右利きで当然という態度


 などなど・・・不自由というほどではないが、なんとなんく虐げられているような・・・・。


 右手を怪我してからしばらくは何でも左でやらなければならなかったわけで、ただ、元々、左利きだから食事はお茶碗が持てないぐらいで不自由しなかったし・・・まぁ、両手でやることができない動作に関しては非常に不自由だったが・・・・。


 まぁ、物心ついたときから逆向き生活を強いられてきたわけで、今更取り立てて目くじらを立てる人ってあまりいないと思うんだよね。
 でもね、何が腹立つって右利きがニュートラルっていう態度だよね。


「右手じゃ何かと不自由でしょ?」


 怪我をしてから何度となく言われた言葉。せめて・・・


「片手じゃ何かと不便でしょ?」


 っていうのが優しさなんじゃない?


 一つ一つは大したことはないように思えるのだが、真綿で首を絞めるように子どもの時から強いられてきた「不自由」によって形成される「人格」や「ストレス」の影響は、決して「人権侵害」を盾に声高に活動する人々の「不自由さ」に劣るものではないと思う。


 重要なのは、「不自由」に下駄を履かせて「自由」に見せかけることではなく、選択の余地があることなんじゃないの?
 マイノリティが「不自由」であると感じない社会であれば、マイノリティ自身も寛大に、優しくなれるのではないだろうか。


左利きの人も右利きの人もヨロシク!
b_04.gif


髪の長い女が窓に・・・・

 さて、今年もやってまいりました納涼祭~~~!!おばけ


 というわけで今日はRくんが体験した涼し~くなる話を・・・。


 ある日の夜、R君は友人達と飲んでほろ酔い気分でアパートに帰りました。
 もうアパートも目の前、ふと2階の自室を見上げると・・・


ここから先はランキングを押してから続きを読むに入ってください!
b_04.gif


続きを読む »

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。