プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の聖戦?

 いやぁ駆け込み受診は大変でした。月末だというのに健診受けてる場合か?! 予約表を見てびっくり! 明日からは一気に減ってヒマそ~うな人数。


 朝イチの流れは良かったのですが・・・・・約2カ所で渋滞・・・・こりゃ時間内に終わらないだろうな・・・・。


 混んでいるのわかってるのに・・・・待ち時間が長いのはいやなくせに・・・・呼ばれても急がない・・・・2~3回、呼んでからゆっくりと立ち上がり・・・・呼んでいた雑誌を戻す・・・・のっしのっしと歩いてくる・・・・・。
 思わずはよせんかい!! と叫びたくなる・・・・。


 そういや・・・・今日は朝、ジャンクフード屋で朝飯にした・・・・そろそろ行こうかと・・・・一人のオヤジが片づけていたのですが・・・・・おいおい、ゴミは分別しろよ・・・・こーゆーオヤジがロクに仕事もできないのにセクハラだけは人一倍だったり、エラそうにしたりしてるんだろうなぁ・・・・。


 まぁそれはそれとして・・・・アタシャの分は終わったので定時に帰らせていただきますよ~。グッタリですけどね・・・・。


次なる戦闘地は学校健診だね
b_04.gif

スポンサーサイト

無芸大食

 思ったんだけどさぁ…TVの大食いタレントってさぁ・・・・要は・・・


無芸大食でしょ?


 MCできるわけじゃないし・・・・芝居できるわけじゃないし・・・・特殊技能があるわけじゃないし・・・


 無芸大食でタレントやってられる日本て・・・・・・・・・・・・・。


じゃあるみにゃんママは大食でなくてもいいんじゃない?
b_04.gif

恥ずかしい大人たち

 また悲しいニュースがありました・・・・。


 無差別に次々と殺傷した事件・・・無関係の人を線路に突き落した事件・・・・。


 なんてことを! と思っている人も多いことでしょう。しかし、そういうことをしてしまうほどの「闇の心」のことも考えてください。「心の闇」ではないんです。「闇の心」なんですよ。
 いったい誰が彼らの心を闇の中に封じ込めてしまったのでしょう・・・・?


 若者や少年事件の多くの背景に「イジメ」があります。もちろん、イジメに遭っていたからと言ってすべての人が犯罪者になるわけではありませんし、犯罪の実行を許すこともできません。
 しかし、だからといって無視するわけにもいきません。「イジメ」も「悪いこと」であり、程度によりますが「犯罪」を構成している場合もあります。その被害者は救済しなければならないのです。最初の被害を回復しなければ人格形成に影響を及ぼしたり、犯罪に手を染めてしまったりする危険があるのです。


 さて、そこで考えなければならないのは大人の問題です。「イジメ」を放置したり、心身の救済をしてくれない大人を子どもたちは信頼してくれるでしょうか?


 もう一つ残念な事件がありました。バスの中で携帯電話を使用していた50代の男性を注意した60代の男性が逆に殴り殺されました。しかし、約30分もの間、誰もその行為を止めなかったのです。
 運転手はバスを止めなかったのでしょうか? 他の乗客は? そもそも子供のお手本となるべき大人がバスの中で携帯電話を使用し、注意されたからと言って逆ギレする大人の小言を聞けますか? 利くのはもちろん、聞くことすらできないのは当然ではないですか。


 清く正しく美しく生きていない大人からいったい何を教わればよいのでしょうか?


 「イジメ」をしてしまう歪んだ心にしてしまったのは誰ですか? そう、もちろん、「イジメ」の実行者は非難されなければなりません。しかし、「イジメ」をしてしまうほど心を歪まされた子供を救済することも大切なことなのです。歪まされた心の歪みを戻すには、まず、大人が子供から信頼されなければなりません。


 身勝手な言い分、モノやお金に執着する醜い大人がまず誠実な人にならなくてはなりません。子供に正直者はバカを見ると思わせてはいけないのです。


 生命力の強い子は他害に走り、少し弱い子は自傷に走り・・・弱い子は心身を病み、生命力を失っていきます。


 私は子供たちの屈託のない笑顔を見続けたい・・・安心して暮らせる社会に生きたい・・・だから被害者支援問題に取り組んでいるのです。


とりあえず言ってみるけどね
b_04.gif

ちょっと思った

 猪突猛進盲進? シャカリキになっている肩に力の入った30代の女は醜いね・・・。


 テンパったりパニクったりするキャパシティの小さい40代の女はみっともないね・・・・。


 そんな女にセクハラで防御する中年男は無様だね・・・・。


あいつとかあいつのこと?
b_04.gif

先客にゃん来?!

 今日もクリニックへ駆け込み受診と戦いに行ってきましたよ~。先週よりはマシだったけど、土曜日じゃないね・・・。このところカウントするほどでもないけど厳密には残業・・・う~ん・・・全部まとめたら結構なサービス残業になってるかも・・・・。


 それよりもクリニックのそばにあるお堀のとこにきれいな桜が・・・・おっ! これは帰りに写メだな! と思っていたのに・・・・・忘れた・・・・・・・・・・。まぁいいか・・・・ウチの近所の小学校の桜も満開!! 毎年、花見シーズンは提灯の花も咲き、解放してくれるのですが・・・・今年は予想外の開化でまだみたい・・・・どうも4月の第1週目を予定してたみたいね。商店街のイベントがその日だから。
 飲兵衛が集まってドンチャン騒ぎするのも悪くないですが、静かに愛でるのもまたオツなもんですよ。


 というわけで春を感じながら帰り道、駅前の駐輪場を住処にしているドラちゃんに会えるのを楽しみにしてきたのに・・・・若い兄ぃちゃんがケータイしながらなでなでしてた・・・・・。
 う~~~~~~アンちゃんどいてくれ・・・・・・私もなでなでしたいよ~~~~~!!!!!! なかなかどかないのであきらめて立ち去った・・・・・。こうなったらいつものわんこ、ちゃ~ちゃんで納得しときますか・・・・。そう、ちゃ~ちゃんは優しいね・・・・私の顔を見るとふさふさのしっぽをプルンプルン振ってご挨拶してくれる。


 う~ん・・・今日も癒されました・・・・・。


春眠暁を覚えず・・・・
b_04.gif

ピ~ンチだから匿名希望で!

 行ってきましたよ~・・・とりあえず・・・・


はぁあ?!


 受け付けは締め切っただと?! 電話で予約しなくてもいいって言ってたじゃないか! 混みあってるので人数制限してるんだと・・・・ダメなものはしょうがいない・・・・とすごすご帰ってきたけど・・・・なんかおさまらない・・・・そうだよ、電話で問い合わせた時、言ってくれてれば・・・・。明日も月曜日も現場があるから朝イチでなんて行けない。
 ということはムリってことじゃないか! それは困るなぁ・・・・。そう思うとムカついてきた。


 うん、なんかムカつく・・・・対応したおねぃちゃんの態度もよくなかったのもムカつきを加速させたね。なので・・・・帰ってから保健所に電話をして言ってやった。かくかくしかじかこーゆーわけで・・・・。
 だったら指定病院すべてを予約制にするとか、HPに一言書いておくかしてもらわないと困ります!!


 担当者が悪いわけではないのにひたすらいやな思いをさせて申し訳ありませんて・・・いえいえ・・・


「きちんと担当者に伝えておきますので・・・・。」
「担当者というのは・・・・?」
「医師会の・・・・。」
「よろしくおねが・・・・」
「差支えなければお名前を・・・・。」
「え・・・・」


 るみにゃんママ、ピ~ンチ!! いやいやナースるみにゃんママ、実名はちょっと・・・・・


 というわけで、匿名希望で言ってもらうことにした。ほんで、聞いてみると、なぁんだ、視触診が済んでいれば4月に入ってからでもいいんだとか・・・・。
 ならば・・・ちょっと遠いけど、別の病院を予約した。保健センターと変わらないくらいだけど、それでもウチからは2番目に近いところ。あとはメチャメチャ遠いんだよね・・・。住民健診はほとんどボランティアみたいなモンだから待遇悪いのは仕方ないんだけどね・・・・。
 そうだよ、それこそ生活習慣病を全額自費にして、浮いた分を住民健診を請け負う医療機関が機材を購入する時の補助金に回したり、忙しい時期だけX-p技師とか、ナースを無料で派遣するとか・・・医師や病院を増やすだけが能じゃないと思うんだけどねぇ・・・・。


 というわけで、マンモは来月に持ち越しです。


るみにゃんママは時間外でも笑顔で対応いたします!
b_04.gif

カレーにショック?!

 今日はクタクタですぅ~~~。相変わらず駆け込み受診が続いて予約表を見て死んだフリしようと思ったくらい・・・・明日はもっとすごいことになっているらしい・・・・私は行かないけど・・・・・。


「昨日、やっと自分の健診行ってきたよ。」
「(駅員風に)駆ぁけ込み受診はおやめ下さぁい~・・・スタッフが大変です~~~。」
「ハイハイ、わかってますよ~だ!」
「スタッフの気持ちがわかるくせになんで駆け込みやるのよ!」
「だって・・・・時間が・・・・。」
「で、どうだったの?」
「メチャ混み・・・・。」
「こっちもウソみたいに予約入ってるからがんがん働いてよ!」
「う~~~学校健診を前にここは体力を温存しておきたいのに・・・・・。」


 そう来月からは学校健診、また新人クンたちに振り回される日々なのです・・・・。パート感覚のおばちゃんにムカつき・・・使い物にならないナースにイラつき・・・・生徒からオバちゃんと言われ・・・・それでもお給料は一人分・・・・・さぁて、今年はどんなネタ人物に出会えるんでしょうねぇ・・・。


 てなわけで、帰りに婦人科健診行ってきましたよ~~~。メチャ混みを予想してしっかり内職を持って行ったんですが・・・・診察開始15分前に行ったらまだ誰もいなくて1番乗り~~~!
 細胞採取と診察、乳房触診・・・ちなみにマンモグラフィは明日、別の病院でやってもらうことになってます。この細胞採取って面倒なんですよね~。Dr.が採取した検体をスライドに乗せ、固定液で固定させるんだけど、固定するまでちょいと時間がかかるので、その間に次の受診者を呼んだり、診察したりします。バックヤードにはスライドがズラ~リ・・・・検体を間違わないようにしないと・・・・作業自体も面倒だし・・・・私は二度と婦人科で仕事したくないな・・・・。
 というわけであっという間に終わりました・・・・が・・・・毎年、1次健診で引っかかるんですよね・・・で、2次健診で無罪・・・まぁ、言ってみれば起訴猶予がここ何年も続いてるわけで・・・・。


「かくかくしかじかで・・・・不正出血の感じはないんですけど・・・・。」
「まぁそれは加齢現象だねぇ・・・・しょうがないよ。」
「う~~~~どっちに言われてもショック! 冷汗4


 というわけで、判決は2週間後、マンモは1カ月かかるらしい・・・・。


 ほんでもって明日はマンモ初体験に行ってきま~す!


結果が楽しみだねぇ・・・ニヒヒ
b_04.gif

 

中高年は字が読めない?!

 日頃、他人の健診ばっかりやってるるみにゃんママですが、今日は自分の健診です。


 年度末・・・・駆け込み・・・・・わかってはいるんですけどねぇ・・・・・案の定、メチャ混みで・・・でもね、るみにゃんママは文句なんて言いません・・・・大人しく待っていました。


 行きつけの? 健診以外ではほとんど行かないですからねぇ・・・・まぁ、去年はインフルエンザなのに健診受けにきたヤツのせいで1度だけ行きましたが・・・・。そこのクリニックで受けたんですけどね・・・・・。


 ん・・・・ん・・・・?! この音は・・・・・・?


 後ろを振り返ると中年のおっちゃんとオバちゃんが必死にケータイのメール・・・・・あのぉ・・・・張り紙の字は読めませんか・・・・・・?!


 しかもボタン確認音をオフってないからピポパとうるさいことうるさいこと 怒り
  たいがいこーゆー時の非常識な輩は中高年、同じ中高年として情けないというか恥ずかしいというか・・・・いい年して「携帯電話の電源はお切りください」という字が読めないんですかね・・・・。これじゃ子供や若者にとやかく言えないですよね・・・。


 なんて思ってると順番が回ってきた。身長は152.5㎝、体重は・・・・ヒミツ・・・・減ってない 涙
 やっぱどんどん基礎代謝が落ちている・・・・やっぱ体重を減らすには食事を減らさないといけないんですけどねぇ・・・・・。


 ほんでもって血圧は110/70、うん、基準値内で安定している。まぁ、今行ってるクリニックで自動血圧計のチェック兼ねて毎回測ってるんですけどね。そんでもって採血。
 どうしてもナースの目になってしまって・・・・


「ホルダーは新しいものに変えていただきたいんですが・・・・。」
「アルコール綿はその辺に置かないで、私の腕の上に置いてください。」


 今年は抜針してすぐに押さえてくれたけど、去年までは押さえてくれなかったから腫れてしまった・・・。そう、針を抜いてから3秒が勝負! 絶対に指離しちゃだめですよ。ただねぇ・・・もう少し針を刺すスピードが速いとチクリも一瞬で済むんだけどなぁ・・・・・。まぁ、速さにこだわって深刺しされても怖いけど・・・・。


 というわけで残るはレントゲン・・・・・え・・・・今年は止血ベルトしてくんないの?! まだ時間が経ってないから今手を離すと再出血しそうなんですが・・・・・。
 で、まんまとベルトをしてもらったけど・・・・


「ベルトするといつの間にかベルトがなくなっちゃうんですよね・・・・。」


 ハイハイ、わかりますよ~。ウチもそうですから・・・・忘れて帰っちゃうんですよね・・・でも、ちゃんと私はお返ししますから!


 てなわけでレントゲンに・・・・ここは個人クリニックで特に技師はいないので、Dr.が診察の合間に撮ってくれる。集団健診だと間接で1方向だけのことが多いんだけど、住民健診(地域よって異なります)だとドッグ並に直接で2方向で撮ってくれる。


 最後に後回しにした採尿をして終わり。内科健診は結果を聞きに来た時にしてもらった。だって・・・・メチャ混みで2時間ぐらい待たされそうだったから・・・・・。だって・・・・お腹が空いて低血糖で倒れそうだったんだもん・・・・・。


 定食屋でランチしたんだけど・・・・・しっかりご飯のおかわり・・・・こりゃ減量には程遠いな・・・・。昔は背中のファスナー下ろすと中にちっちゃいオッサンが入ってるって言われてたけど、こんなんじゃメタボオヤジが入ってるって言われそうだな・・・・。


 さて、あとは結果を待つだけ。血液検査とレントゲンはしょうがないけど・・・・尿検査の結果はすぐ見たかったなぁ・・・・心電図の波形も・・・・・まぁ、わがままは言わない・・・3日後に結果はわかるんだから。早っ!! 去年は1週間ぐらいかかったのに3日で結果が・・・・ひょっとして移転するから全部「至急」で依頼出すのか?! そう、個人クリニックでは院内で血液検査はやっていないので、専門の業者に外注するのです。年度末で混んでいるだろうに・・・・それとも分析機がよくなった?! まぁいいや・・・でもなぁ・・・土曜日は午前中だけだし・・・・私はクリニックの現場に出てるし・・・・月曜日も現場だけど、夕方の診察時間は4時からなんだよなぁ・・・・まぁ、行けるときに行くしかないんだけど・・・。 


 というわけで明日は問題の? 婦人科健診に行ってきます。


他人のこと言える結果になるんでしょうかねぇ
b_04.gif

贅沢な人生?

 昨夜、シチューを作ったらメチャおいしかった~にっこり 心も身体もあったまりました。なんですが・・・・ありゃりゃ・・・お玉の柄が取れてしまった・・・・。やっぱ安モンはダメかいな・・・。


 なんて思ってると上京したばかりのことを思い出した。そう・・・鍋もお皿も・・・・給料日ごとに一つずつ買いそろえていったんだよなぁ・・・・。
 当時は¥100均どころかディスカウントショップすらない時代。安い鍋でも¥1000前後はするし、お皿だって¥300は最低でもした。しばらくは6畳一間の部屋が広々としてた。
 生活用品がない分、いろいろ工夫をしなければならなかった。1口コンロでどうやって何品ものおかずを、しかも同時に出来上がるようにするのか。冷たいおかずと熱いおかずの組み合わせとか・・・何から作るのがいいか・・・。当時はまだ、石油ストーブが使えたのが幸いした。煮物なんかはストーブにかけておけばグツグツおいしくなるし・・・・。
 そうそう、よくストーブでヤキイモしたなぁ・・・・。お湯だってやかんをストーブにかけておけば加湿器代わりにもなって一石二鳥!


 考えると、今の人たちってカワイソウ~。一つ一つ揃えていく楽しみも、工夫する楽しみもないんだからね。¥100でほとんどの生活用品はそろってしまうし、自分で作らなくてもジャンクならいくらだって安く食べられる。


 若くて体力のある時って、どんな苦労や貧乏にも耐えられるんだよね。それに、真面目で誠実で謙虚なな人間なら上司や先輩がかわいがってくれていろんな頂き物をしたり、ご馳走してくれたりする。おかげで私もいろんなものもらったなぁ・・・・。
 でもね、あの時の体験が今の私を支えてるなぁって思うんですよ。我慢したり、不自由だったりするストレスがあったからこそ、さまざまなストレスに耐える力がついたと思うんですよね。


 生活することが簡単になってしまったら耐えうる力がつかない。耐えうる力がなかったら一番しんどい精神的ストレスに弱くなる。発散するといっても、当時は遊ぶとこなんてないからねぇ・・・。カラオケボックスもないし、居酒屋ブームもまだまだで郊外であるのはオヤジが集う「ホッピー」ののぼりのある赤ちょうちん。もちろん、クラブもないし・・・ビデオデッキもないし・・・レコードの時代だし・・・やることと言ったら友達と茶碗酒飲みながら芸術論なんかを戦わせることぐらいで・・・・あとは貧乏自慢かなぁ・・・・。
 それでも楽しかったですよ。我慢したり、不自由したりするストレスに耐える自分が好きでしたよ。だからどんな壮絶な話題を持ってくるクライエントであっても動じないでいられるんだろうとは思うけど・・・。


 そんな力をつけるチャンスがなくってホント、カワイソウだね・・・。精神的ストレスに耐える力をつけるチャンスがないんだもんね・・・・。だから・・・わが子がかわいいと思う人は、もっと「我慢」を学習させるべきだと思うよ。もちろん、若い親も学習すべきだと思うけど・・・。
 そして、いつか年金だけで暮らせるとこまで生活レベルが下がったらもっと人にやさしい社会になるんだろうな・・・・。
 言いますが当時はライフラインは今ほど安くなかったしね、食料品だって今より安全だけど安くはなかったんですよ。


 そんな思い出がある私ってとっても贅沢な人生かもね・・・・。


今使ってる中華鍋はるみにゃんママの半生を見てきたんだね
b_04.gif

次から次へと・・・・○○だったらよかったのに・・・・

 久しぶりにクリニックのお仕事に行ってきましたよ~。久々だったので立ち仕事は疲れました・・・。原稿書きモードに入っていたのですっかり昼夜逆転の生活から抜け出せない・・・・結局、睡眠不足のまま現場に・・・・。


 行ってガックシ・・・・年度末とあって駆け込み健診で土曜日なのに・・・・時間短いのに・・・・平日並みの予約・・・・。すべての受診者が終わらないとデータのチェックができない・・・・涙


 ぐったりしてるところにもっと疲れる電話が・・・・・・・


 親戚のオバさんが・・・・・どうも・・・・・まぁ年が年だからねぇ・・・・・もうイトコが亡くなって10年以上経つわけだし・・・・婿養子に女がいても不思議じゃない・・・・それは理解してるのよね・・・・。
 心理的ストレス?・・・・認知症・・・・? とりあえず長谷川式にCT、MRI、とりあえずMRAもやっておいたほうがいいかな・・・・眠剤の副作用・・・・?
 まぁね、私的には別居でコト済むと思うんだけどね・・・・孫もいるんだし、どうせ婿養子なんだから籍抜いて再婚したっていいでしょ・・・。とりあえず最低限、現状維持のまま寿命を終えてもらわないと、一番近くにいるウチのオカンに負担が・・・・・。
 幸い、病院に行くのは納得してくれているから心理的ストレスの比重が重いと思うんだけどね・・・。


 もうひとつ!べつのイトコの娘がデキチャッタ婚! ただデキチャッタだけならいいんえですけどね、イトコは二人兄弟でどちらも娘二人、つまり、後継ぎの男の子がいないわけですよ。
 で、デキチャッタのは長男の娘、しかも長女・・・・。相手の男は悔しいことに年下!! さらに相手には男兄弟がいるってのに嫁に出すなんて!!!
 じゃあ、墓守はどうすんのよ?! 名前を継ぐのは誰よ?! なんで順番が違うことを逆手にとって婿養子になることを条件にしなかったのよ?! しかももう安定期でいまさらどうすることもできないし・・・・。好きだから・・・・デキちゃったから・・・・っていう問題じゃないでしょ・・・先祖代々のお墓を無縁仏にするわけにはいかないのよ?
 何もさぁ、婿養子になって同居しろって言っているわけではないんだから・・・名前さえ継いでくれればいいんだから・・・・・。


 はぁあ・・・・次々と・・・・問題は絶えませんねぇ・・・・・。


 というわけで今日は疲れたので現実逃避しよ~~~~っと!


人の心配してる場合か?
b_04.gif

見えない障害

 先日、悲しいニュースがありました・・・・。


 30代の男性は軽度発達障害でした。仕事はしておらず、実家で生活していました。彼には妹がいましたがすでに結婚しており、実家にはいなくて母親との二人暮らしをしていました。


 ある日、母親は息子を殺害し、自分も自殺を図りましたが死にきれず親類の家に電話をしました。


「息子を・・・・・殺してしまった・・・・・。」


 母親は親類に付き添われ自首しました。


 何がそこまで母親を追い詰めたのでしょうか・・・・・。近所の人は息子が軽度発達障害であることを知りませんでした。
 母親は言えなかったのです・・・・。自分の息子が軽度発達障害だと言えなかったのです・・・誰にも・・・・知られたくもなかったのです・・・・・。


 もし・・・私が年老いて死んでしまったらこの子はどうやって生きていくんだろう・・・・?


 何度も何度も考えたことでしょう・・・・。


 相談機関はいくらだってあるのに・・・・そう思われるかもしれません。しかし、田舎の高齢者には未だに「障害児は忌み子である」と思っている人が少なくありません。彼女たちが住んでいた町は田舎で、しかもとても保守的で、閉鎖的な町だったのです。


 軽度発達障害は見た目にはわからないことが多いのです。言わなければわからないから彼女は隠していたのでしょうか・・・・? でも、社会人として仕事をするとなると配慮が必要になることが少なくありません。彼女の中では葛藤があったことでしょう。


 カミングアウトすれば配慮してもらえるかもしれない・・・でも、隣近所の人からはなんて言われるだろう・・・・親戚からはなんて言われるだろう・・・・知友人との関係が崩れてしまうのでは・・・・?
 何度も何度も考え迷いに迷い悩んだことでしょう。


 見た目に障害がわからないとはそういうことなのです。犯罪被害者もまた同じような問題を抱えています。
 髪の毛1本でもビクッとしてしまうほど過敏になる場合もあります。突然、感情のコントロールができなくなることもあります。ストレスに対して脆弱になってもいます。何よりも「不正義」に対して敏感になり、些細なことでも許せなくなってしまいます。


 でも、後遺症がなければ犯罪被害に遭ったことははた目からはわかりません。カミングアウトしなければわからないのです。わからなければ誰も助けてくれません。
 一方、家族の誰かが亡くなったら近所の人はみんな知っています。お葬式をあげれば職場や学校の人たちも知ることとなるでしょう。事件にしろ、事故にしろ、病気にしろ、昨日までそこで生活していた人がいなくなれば自然と周りに知られますから良好な人間関係であればみな気を使ってくれるでしょう。
 しかし、被害に遭った本人は被害に遭ったという辛い体験を自らの手でえぐらなければ誰にも知られることはないし、誰からも配慮をしてもらえないのです。


 集団というのは意識が希薄になります。大きな事件で、しかもたくさん被害者が出たような場合には誰も責めないでしょう。しかし、ニュースにならない小さな事件のたった一人の被害者は責められるのです。
 「どうせ被害に遭うようなことをしていたんだろう」とか「被害に遭ってもおかしくない人なんだ」という責められ方をします。だから言えないのです。


 極端な仮定ですが、恨まれるような原因を作った人が殺されてもあまり日本人は遺族を責めません。しかし、生者は何も悪くなくても責められてしまうことが多いのです。なにも恨まれる人を責めろと言っているわけではありません。
 「人にやさしい社会」になれば言えるようになるのです。元気になるまでほんの少し配慮をしてほしいと言えるようになるのです。


 毎日たくさんの事件が起きています。事件の数だけ被害者がいます。他人事ではない時代なのです。ですから知っておいてください。
 見えない障害もあるということを・・・・・見えない障害は忘れられ社会から疎外されていることに気づいてください・・・・。「見える」ものだけを注目しないでください。
 そして、「見えない」から・・・誰にもわからないから・・・「見える」ものが援助の対象の主軸になっていること自体に苦しめられていることを・・・・。


すべての被害者が疎外されることのない社会になりますように
b_04.gif

弱り目に祟り目?

 先日、甥っ子の高校の合格発表がありまして・・・・


クラッカー合格~~~!!!


 まぁ、大丈夫だとは思っていたけどね・・・・私立の念書書かなくてよかった~。そう、特Aに合格してたのですが・・・・特Aというのは、3年間なんと授業料が全額免除! でも、必ず入学するという念書を書かなければならなかったのですよ。なんだかんだ言っても田舎では私立は滑り止めっていうか、県立に落ちた子っていうイメージがありますからねぇ・・・・。それに、念書を書かなければ期末ごとに試験を受けて授業料が免除になるか、減額になくかの査定を受けなければならないのですよ。なのに、付属高校じゃないから推薦も・・・・・う~ん・・・・てなわけで県立1本で勝負したんですよ。


 ちなみにるみにゃんママは別の私立高校の特進は落ちました・・・・芸大の付属だったのですが、特進じゃないと芸術学部への推薦はなく、一般進学コースだと芸術学部以外の推薦しかないのですよ。なので・・・・家がビンボ~だったので、入学金は払わずホントに一発勝負で県立受けましたよ。
 まぁ、最初は音楽科のある高校受けようと思って受験勉強してたから自信あったし・・・・あの時のパワーどこへ行ったんだろ・・・・。そうそう、なんで音楽科に行かなかったかというと、やっぱ私立はお金が高すぎてムリムリ!! パンフレット見せた瞬間放り投げられた・・・・かといって県内には音楽科はないし・・・県外は越境通学は認められなかったし・・・・先生はいとこと同じ高校へ行けって言うけど・・・進学校でヒーヒーいうのもイヤだったし、おかんとか兄と同じ高校も比べられそうでイヤだったし・・・新設の進学校は遠いし・・・・せめてもとデザイン科のある高校を希望したらソッコ~でつぶしがきかないという理由で親に却下された・・・。そこで手に職つくし、もとは県立女学校という由緒ある高校だからといって女子高に行かされた・・・・。准看護師の資格が取れたのは今では感謝だけど・・・・女子高って行くところじゃなかったね・・・・。


 さて、そんな話はどうでもよくて・・・・るみにゃんママは原稿を書いていて煮詰まったりすると無意識に足の小指をいぢるんですよ。二枚爪になっていて伸びてくると引っかかるので、無意識にはがしてるんですよね。でも、まだはがすには早かったらしくて・・・・うつかさ風・・・・・やってしまった・・・・流血・・・・。
 とりあえず絆創膏をはっておいたのですが・・・翌日、絆創膏が取れてたみたいで半分だけ剥がれた分が干からびてたのでプチっとな・・・・。出血もないし放っておいたら・・・・なんでそんな日に限って・・・・・・・涙


 テーブルの脚にぶつけた~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!


 いてぇ~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!


 足の小指にちっちゃい心臓がついてました・・・・・・。


 泣


 泣


 泣


なんか表のにゃんこが春のようですが・・・・
b_04.gif

本当に必要な援助が届きますように

 このところまた地下鉄サリン事件の話題が報じられています。被害者や被害者遺族にとっては終わっていないと・・・・・。


 そう・・・・小さな事件の・・・・無名の被害者にとっても事件は何年たっても終わっていないのです。


 ニュースに出てくる大きな有名な事件にしか被害者は存在しないわけではないのです。どんな小さな事件でも被害者は存在します。


 しかし、小さな事件はニュースになることはありません。誰にも注目されず・・・知られることもなく・・・だから救済の手も差し伸べられません・・・。
 それだけではなく、「小さな事件だから」・・・・・・・・「生きているだけいいじゃない」・・・・「その程度の事件で」・・・・という「二次被害」によって痛めつけられるのです・・・・。
 そんな「二次被害」によって小さな事件の無名の被害者は社会から疎外され孤立していきます・・・。それを「適応障害」とか「人格障害」というカウンセラーがいます。
 大きな事件に世間の目が向けば向くほど小さな事件の被害者は疎外されていきます。マスメディアに踊らされる世間がそうなることは今のところ仕方ありません。でも、せめて「人役に立ちたい」と謳って心理の専門家になった人ぐらいは気づいてほしいと思います。
 救済の手が差し伸べられない人にこそ目を向けなければならないことを・・・・。


 誰もが注目する人は、きっとあなたでなくてもたくさん注目する人がいます。大きなお金や大きな権力を持って・・・・でも、もっと身近にあなたの手しか届かない被害者がいるはずです。
 ですから、できるだけ小さな事件の被害者に目を向けてください。彼らは今日明日の食べるものの心配をしながら救済を待っています。


 本当に気の毒な被害者は社会運動なんかする余裕はありません。心情を語れるほど回復はしていません。日々の生活もままならず闇の世界に堕ちていく人もあります。生き地獄に耐えられず自らの命を終わらせる人もいます。
 ですから「臨床家」であるならば本当に・・・すぐに救済の手が必要な人に目を向けてください。


みんなエンターティナーになりたいんだね・・・・
b_04.gif

 

スジが・・・・・

 権利ばっかり主張して、義務を果たさないのってどう思います?


 大半の人がよくない! って言うと思うんですよ。


 でもね・・・・・・・・・・


 チャリの2ケツとか歩道での走行を厳しく取り締まる! ってなったら子持ちの主婦らが反発したでしょ・・・・。心情的にはわかるんですよ。でもね・・・・・


 車に乗ってても歩いててもとても危険なんですよね。ひどいのなんかスーパーの袋+子供×2+携帯電話=危険!!!!! しかもハンドルふらついてるし・・・・たまにこれに傘が加わるんだよね。


 そもそも! 違反しておいて厳しく取り締まるって言った途端に逆ギレするってどうよ? 正しく反発するんなら、まずはルールを守ってからでしょ!


 ルールを守った上で都合が悪いから認めてくれっていうのが筋でしょう。ルールを守らないのに取り締まるなって言うのは暴挙ですね。


 ルールを守れないんだったら守れる環境を整えることを先にやるべきでしょう。チャリを使わなくていいところに住むとか・・・・遠くの大型スーパーではなく近所の商店で買い物するとか・・・・。
 とにかくまずはルールを守ってから主張しなさい!!


今どきの主婦、今日も反省の色はなし!
b_04.gif

疲れる女はシャカリキ女

 昨日、友人と話してたことなんだけど・・・・・


 なんかシャカリキになってる女ってヤだね・・・・。女性の社会進出とか、男女平等とか・・・・


 男女雇用均等法とか、男女共同参画とか・・・・


 だって・・・・お膳立てしてもらわなきゃ社会進出できないっていう烙印を押されたも同然でショ・・・。


 もともと有能な男性は有能な女性をきちんと評価できるわけで・・・無能な男性が有能な女性が出てくると都合が悪いからムキになってるだけなんだから、そんなモノは結果で勝負できるし・・・余計な心配していらん!!


 おかげで有能ではない女性が権利ばっかり主張して扱いに困る・・・。せっかく男性中心社会の中で頑張ってきた女性の努力が台無しだね・・・・って話題で盛り上がった。


 疲れる女ってヤだね・・・・。


ピンクのヘルメットでもプレゼントしたら?
b_04.gif

妄想が爆走?!

 巷じゃ「道路特定財源」について盛り上がっているみたいだけどさぁ・・・・なんでそもそもキッチリわけなきゃなんないの?! もう少し柔軟な発想ってできないのかねぇ・・・・。大雑把な勘定をしてるから分けなきゃいけないわけで・・・・二次元思考だからそうなるんだよ。


 まず、優先順位をつけること、長期、中期、短期ビジョンを見極めること。それを三次元で組み立てればいいわけでしょ?! それと、軌道修正できる幅がなきゃダメだよね。アホな政治家や官僚の言動一つで世情は変わり、人々の実生活の中での優先順位も変わるんだから。


 というわけで考えてみた。やっぱ優先順位は必要でしょう。まずは、健康で経済活動ができる人を社会から離脱させない、逸脱させない政策を最優先にしなきゃなんないでしょ。


 ネットカフェ難民やワーキングプアと呼ばれる人たちは働く意志もあって健康なんだからトリアージの手順でいけば最優先でしょう。
 るみにゃんママの専門領域である犯罪被害者支援問題でも同じことが言える。「犯罪被害者」で誰を一番優先しなきゃなんないの?!
 「殺人事件」では「被害者」はすでに死亡していますから社会生活には戻れません。ならば「生きている被害者」は適切な援助があれば社会生活に戻れます。ただ、「被害」が大きくダメージの大きい人もいれば、「事件」というライフイベントに対して脆弱な人もいます。
 ならば、まずは社会生活に復帰できるめどが立つ人に援助をしなければなりません。放っておけばますます公共財を投入しなければならない状況に追いやることになります。
 社会運動をする経済的、健康的に余裕のある「被害者遺族」とないがしろにされて社会から離脱する「被害者」のどちらを優先するのが「正義」でしょうか。
 どちらか一方を切り捨てろって言っているわけではないのです。あくまでも限られた予算なら優先順位を考えるべきだと思うんですよ。一人でも多く、健全な社会生活を営むことのできる人を増やすことが相対的にはすべてのコスト削減につながるわけですよ。


 そんなことを考えていたらやっぱまずは縦割り行政をなんとかせにゃならんと・・・・先だって、市役所に電話をかけたら番号が違うだの管轄が違うだのとタライ回し。そのたびに番号を控えてかけなおして・・・・電話代が・・・・!!! 内線でまわしてくれたっていいだろ!!
 ということは・・・・まずは必死になって働かん公務員という「ムダ」を排除すべきだな。中には一生懸命やっている人もいるんだろうけど、安定しているからというだけで公務員を志望する輩も少なくないのも事実。
 かつて自営業やってた頃、忙しくて月に何日布団で寝たかなぁ~なんてことが何度かあった。民間はのんびり仕事なんかしてらんないんだよ!! 公僕よ!! 必死に働け!! でなきゃ身分を安定させる意味がないんだよ!!


 はぁはぁぜぃぜぃ・・・・またコーフンしてしまった・・・・・・・・・・・・・。


単に空腹なだけなんじゃない?
b_04.gif

ヤル木の芽?!

 先日、兄が上京して甥っ子の受験の話をしたのは書いた通りなんですが・・・・。


 まぁ、アタシが言うのもなんですが・・・・成績優秀なんですよね・・・・。


「誰に似たんだろうね・・・・親と親の妹は真っ赤な成績表だったのにね・・・・。」
「誰に似たんだろうな・・・・・・・・・。」


 兄も私も逃げ足は速かったんですよ・・・・。私より高いバーが跳べなくて背の高い子は高跳びの選手に選ばれたし、背がちっちゃいというだけでリレーのアンカーになることを渋られた・・・。そういう理不尽な扱いに悔しさを覚えた私たちは努力して早足になった。
 甥っ子は運動音痴・・・・だから自分でも言っている。


「運動キラいだから勉強で頑張らなきゃね・・・・。」


 どのDNAが言わせてるんだ?!


 格差社会って言われてるけど、当時だって成績優秀な子は金持ちだったよ・・・。だから、金持ちでもないのにガリ勉って言われたくなくて勉強で頑張ることがイヤだった・・・。
 まぁ、それはどーでもいいんですけどね、まぁこれだけいい成績なんだから・・・・と、期待したくなる。イケるんなら灘校だろうがラサールだろうが・・・・と、一瞬思ったんですけどね・・・・。
 わが一族、やっぱDNAだね・・・。進学校には行かせたくないと親である兄貴が言うわけですよ。


 必死で勉強させてきて、他の事はなぁんにもできなくて・・・お金の苦労も知らず・・・人の痛みも知らず・・・・そんな子たちやそんな子を排出する教師のいる環境に行かせたくないと・・・・そりゃもっともだ・・・。


 兄貴はカメラマンです。だから、ロケもあります。なので・・・・天気予報はとても重要な情報源です。そんな兄から教わりながら雲を眺めて風を感じて育ったのほほんとした子なんですよね・・・。
 このまま・・・もっともっと自然の偉大さを感じながらおおらかな子に育ってほしい・・・。道端の草花や虫の声に季節を感じる感性豊かな人になってほしい・・・・。


「昔はオレと同じカメラマンになりたいって言ってたのになぁ・・・。」


 今は気象予報士になって気象庁に入りたいらしい・・・・。


「それよりさ、女はどうなの? エロ本とか・・・・彼女とか・・・・。」
「マジメ過ぎてそんな気配なし・・・・。」
「顔は似てるけど、ホントに兄貴の子?!」
「オレなんか中学、高校といかにモテるかってことしか考えてなかったけどなぁ・・・・。」
「東京の大学に行くことになったら気をつけなきゃね・・・。純朴な田舎の青年が百戦錬磨のおネィちゃんに騙されないように・・・・それと風俗にハマらないことね。」
「そうだなぁ・・・・だからさぁ、最初は下宿にさせたいんだよ。」
「いまどき?! 下宿なんて今どきないない!! あっても未亡人が出てきて坊や~なんて手篭めにされて・・・・。」
「それこそないない!」


 ってその前に、それって兄妹でする会話か?!


 でもね、たくさん回り道をしてきたるみにゃんママからみれば、まだまだたくさん人生の残り時間のある甥っ子の将来が楽しみなんですよ~。いつか・・・いつか・・・生きている間に・・・兄貴と甥っ子と3人で酒が飲めるといいなぁ・・・・。
 そのためにも今やれることをやっておかなきゃね・・・・。


 ウン! 少しだけヤル木? の芽が出てきたから仕事しよ~!!


そのうち甥っ子の友達紹介してもらおうとか思ってない?!
b_04.gif

ついにキター!

 きたんですよ!! ついに私にも!!! 何がって・・・・・



年金特別便



 きたんですよ~! ってまだ見てないんだけどね。


 面倒くさいし・・・・滞ってた報告書の続きやんないといけないし・・・・だって・・・ほんの少しだけだけど、厚生年金の時があってややこしいし・・・・・


 そういえば、以前、研修会の時に講演してたじぃさんが、暴走老人なんてけしからん! という話をしていて、その時、「払った分もらって何が悪い?!」 って逆ギレしてたけど・・・・そもそも、じぃさんが払った分はとっくにそのまた昔のじぃさん連中に払ってんの!
 今、アンタがもらってる分は、今、払ってる人たちから巻き上げた分なんだよ!


 そもそも、年金制度って払った分をもらう制度じゃないでしょ。そんなことも理解してないで少子化問題語ってんじゃないよ!! だから暴走老人って言われるんだよ!


 つくづくこーゆー年の取り方はしたくないなぁ・・・・と思うるみにゃんママです・・・・。


 とりあえず、入稿した原稿が決定稿になるまで落ち着かないので、今日はこんなところで・・・・。


今日の晩御飯はオムライスとサラダだよ!
b_04.gif

ふっか~つ!!

 いやぁ~放置プレイのまんまでした・・・。ようやく原稿を書き終えて今日出版社に送りました。まぁ、慣れない形式の原稿なので出版社からなんと言ってくるか・・・・。
 でも、おヤクショの仕事じゃないからまだいいよね。


 以前、天下り団体からの依頼で研究チームに参加したのですが、入稿の段階になって・・・しかも、もう印刷に回す段階になってイチャモンつけられたことがある。
 要は、おヤクショにとって都合の悪いことは書くなとか、書き換えろとか・・・まぁ、そんなことしたら内容が変わってしまいます! と言って受け付けなかったけどね・・・。
 さらに、校正ミスがあったのに正誤表も入れてくれなかった・・・。ちょいとニュアンスの違う漢字になってしまって・・・・それなのに・・・・研究費や原稿料は安かった・・・・・。もう二度とおヤクショ絡みの研究にはかかわりたくないね!!


 てなわけで・・・・全然、更新するヒマがなかったわけじゃないけど、ちょっと集中したかったのでお休みしてましたが、また更新していきますのでヨロピクですぅ~!


 その前に・・・・床一面に広げた文献の山・・・・どうにかせねば・・・・次の仕事に入れない・・・・。肩もコリコリだし・・・・腰は痛いし・・・・老眼は進んでるし・・・・はぁぁ・・・・・。


 そうそう、先日、またお兄ぃたまが上京したのですよ。県の職員と一緒に視察ですと・・・・税金旅行かい?!
 でもまぁ日帰りだし・・・どうせ会うヒマなんかないだろうなぁ・・・と思ったら少し時間が取れるから会おうってことになって・・・・。
 ゆっくりは話せなかったけど、夕飯を一緒に食べに行った。空港から車だというので1滴も飲めないお兄ぃたまがかわいそうなので、生ビール1杯だけにしてあげた。それでも最終便まであんまり時間がないというのでさっさと食うだけ食って空港へ・・・・。なんでアタシが空港までおくっていかなきゃなんないの?! 原稿が・・・・まだなのに・・・・・。
 でも、時間がない分話したかったし・・・・不思議なもんで、二人とも実家にいたころはほとんど話なんてしなかったのに・・・・時間も合わないから仕方ないんだけど・・・・お互い自分の部屋にこもって親ともほとんど話なんてしなかったなぁ・・・・。
 むしろ、今のほうがイロイロ話してるかも・・・・まぁ、もっぱら話題は甥っ子の高校受験のことなんだけどね・・・・。まぁ問題ないでしょ・・・・。自分の問題は自分で克服するっていう強さを持っていることもわかってオバちゃんとしてはちょっと安心。


 でもさぁ、なんで忙しいのって重なるんだろ・・・・原稿が終わらないままとある学会へ・・・。まぁまぁ面白いっていやぁ面白かったんですけどね・・・・。
 うっ・・・・思い出した・・・・共同研究を進めなきゃ・・・・・春シーズンが始まると寝る時間もなくなるから今のうちに今年の研究計画立てておかなきゃ・・・・誰かド~ンと研究費寄付してくれないかなぁ・・・。


 とりあえず一番急がなきゃなんない報告書が終わったら少しずつ研究結果についてアップしていきますので!!
 それから時事問題も折を見てアップしますからね!


 とまぁこんな感じで近況報告です。もちろん、ネタも!


最近、ノラ子に無視されてます・・・・
b_04.gif

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。