プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一発取り消しの復活なしで

 さぁて、例の裁判の結末を書こうと思います。


 その前に・・・例によって開廷時間に合わせてチケットを取って羽田に向かったのはいいのですが・・・何を勘違いしてたのか、時間を30分間違えていて、羽田に着いたら出発時刻15分前、skipサービス使えてよかった~。ところが、夏休み中とあってか、検査場は長蛇の列! 仕方なくおネェさんに事情を話してコッソリゲートに案内してもらって搭乗口へGO! 途中でシーバーをもったおニィさんが○○行きの方はいらっしゃいませんかぁ~?! ハイハイハイ~~~!!!! ようやく搭乗口行きのバスに乗り込んだのですがすでに息切れ・・・・ぜぃぜぃ・・・。


 なんとか無事、着陸して・・・・何時からだっけ? ○時だとするとかなりやばそうだよな・・・でも、だったらもう1便早いのにしてるはず・・・でも、1時間遅れでとっくに裁判終わってたらどうしよう・・・判決だからすぐ終わるよなぁ・・・。そんな時に限って道路は渋滞、高速はそうでもなかったのですが、下道が混んでいて時計とにらめっこ。結局、1時間早く来すぎたならテケト~に昼飯でも食いにいくべと思って駅からタクシーに乗り込んだ。


 裁判所について急いで開廷時間を確認したらやっぱり1時間あとだった。ほんじゃ、メシだ! と思って階段を降りてきたら一人のおバァちゃんが案内板を見ている・・・。


「どこかお探しですか?」
「裁判所の方ですか?」
「いえいえ・・・・電球 もしかして・・・○○さんの・・・?」
「じゃあ、あなたがるみにゃんママさん?!」


 てなわけで、たっぷり1時間ネェさんのお母様と話しこみました。そばにあった自販機でコーヒーをごちそうになって、ちょいと外させてもらって外で1服、戻ってみたらテーブルに何本ものジュースやらコーヒーやら・・・(^_^;) おまけに少しお腹に入れておくといいと言って鞄からバナナが・・・・。さすが田舎のオバチャン、いろんなモン出てきまっせ~。最後は持って帰ってとエコバッグまで出てきましたがな。


 で、話によると、ネェさんとどうやら同じ便に乗っていたようなのですが、席が離れていたようで空港内では会えませんでした。前回迎えに来ていた妹さんはいらっしゃるかなと見回したのですが見当たらないので私はさっさとリムジンバスに乗ってしまったのです。
 ネェさんはというと、妹さんがまだ仕事場だというので、最寄りの駅行きのリムジンバスに乗ったようなのです。そこで妹さんと落ち合おうと・・・・ところが、妹さんの仕事が忙しいらしくまだ仕事場だというので、電車で裁判所に向かったとのことでした。妹さんも急いで車を走らせていたようですが二人とも間に合うかどうかという感じです。
 お母様は慣れない裁判所で間に合うかどうかわからない娘二人を気をもみながら待っていらしたようです。でも、二人とも何とか間に合いました。


 そんなこんなで開廷したわけですが・・・・判決は後回しで理由が先、もしかして実刑か?! と思ったのですが、そんなに甘くはなかったですね。


 結果、禁固3年、執行猶予5年でした。


 ご遺族にとっては実刑にならないのはとても納得のいくものではありません。しかし、量刑相場からすると、むしろ重いぐらいなんですよね。つまり、かなり態様が悪いと判断されたわけです。求刑も禁固3年ですから、1か月もおまけはしてくれとらんわけですよ。しかも、執行猶予が5年ですから、執行猶予が明ける前にちょっとした違反、シートベルトとか、速度超過とか、駐車違反とか、何か一つでも見つかって捕まれば即、執行猶予は取り消しとなり、収監されるわけですよ。


 まぁ、1年は免許がありませんから違反のしようがないですが、裁判でものうのうとまた免許を取得したいと言ってのけたわけですからそりゃ取るでしょうな。最初は慎重になるでしょうが、これまでもちょいちょいに違反で捕まっとるわけですよ。だから、おそらく気が緩み始める3年目あたり、執行猶予あと1年で明けるというぐらいのときになんかやるだろうなぁと踏んでいます。おそらく、結果的に実刑に至る確率が高いなと思っているのです。


 でね、思ったわけですよ。真摯に反省し、二度とハンドルは握らない! という被告人ならまだ執行猶予でもいいと思うのですが、本件のようにどこまで反省してんだか・・・という被告人にはやはり実刑が必要だと思うんですよね。つまり、被害者が何人かとか、けが人が何人かとかという問題ではないと思うのですよ。だって、免取が明ければまた、「車」という凶器を振り回す危険があるわけですよ。最後は免許取得の予定はないとか言ってましたが、おそらく弁護人の入れ知恵でしょう。
 

 子供に取ってもよくないと思うのです。「ごめんさない」をしなくていいというのは教育上よくない! また、今は子供のこと、仕事のこと、裁判のこと、どれをとっても最近のこと、まだ生々しいこととして記憶に残っています。しかし、日常生活に慣れたころ・・・もし、本当に反省しているのなら良心の呵責に苛まれることでしょう。短くても、ちゃんと実刑を受けていればちゃんと罰は受けたのだからと、その呵責から解き放たれる糧になるはずです。言い換えれば、実刑はその後の長い人生を生きるためのまたとない贖罪の機会なのです。でなければ、被告人は一生、罪の意識を背負ったまま生きていかなければならんのですよ。
 また、保守的な田舎のことです。子供たちはいろいろ親から入れ知恵されます。おそらく、「おマエの母ちゃんは人殺しだ」なんてことも子供は残酷ですから平気で言ってのけます。それにもまして、3~4年後、子供はある程度のことは理解できる年になります。そのときに、たった1つの違反、そう、何もなければ反則金で済む程度の違反であっても収監されるわけです。もしそうなったら収監される母親をみて何と思うでしょうか。あと後になってちゃんと子供が納得できる罰を受け、反省し、戻ってくる方がいいのではないでしょうか。
 もちろん、被告人にとっても執行猶予で済ませて、また事故を起こすより、ガツンと罰を受けてガッツリ反省して二度とハンドルを握らない方がいいのではないでしょうか。


 さて、ここで思ったことがあります。もう耳にタコイカがぶら下がるくらいエコだエコだとか言って、エコカーが優遇される今日、ちょっとでも違反したら免許取り消し、二度と取得はできないという制度にしたらいかがですかな。ドライバーも違反を軽く考えなくなるだろうしね。そしたら嫌でも車はへりまっせ~。税金使っていらん道路を造らんでもええがな。赤字路線も復活するがな。ドライバーは貴重な存在、いなくなったら困るから過積載とか、休みなしシフトとかさせられません。自動車会社は車に代わる製品を開発し売ればいいさ。


 というわけで裁判は終わりましたが、決して被害者や被害者遺族にとっては終わらないのです。また、加害者にとっても喉元過ぎればなんとやらになっていはいけないのです。何が何でも厳罰にという感情むき出しの被害者遺族の意見には賛同しかねますが、もっと広い視野で被告人の長い人生をも踏まえて罪と罰を考えていかなければならないとは思います。


次回はノラ子の出番だよ
b_04.gif

 
スポンサーサイト

重大発表?!

 ノラ子です・・・ようやく出番が回ってきたので、ここで重大発表です。実は・・・・・


 病気になってしまいました!!


 なんでも慢性腎炎だそうで・・・ネコにはよくある病気らしいですが・・・・まぁことの発端は・・・・


7月上旬
「最近、ノラ子吐いてばっかりなのよ。食欲もあまりないみたいだし・・・便通も良くないし・・・でね、病院に連れていくことにした。」
                    ・
                    ・
                    ・
「で、どうだったの?」
「慢性腎炎だって。でね、腎臓病用のカリカリとか薬のサンプルとかもらって・・・おまけにやっぱり太りすぎだからってダイエット食もらってきた。」
「ちゃんと薬飲んでる? ダイエット食は?」
「それがね・・・薬なんか飲ませようもんならアタシの身が持たないわよ!! もう傷だらけ! 腎臓食は食べたのもあるんだけどダイエット食は見向きもしないわよ!」
「ネコ様も人間様も身体にいいモノは美味しくないようで・・・・。」


 というわけで、年も年だし、いつまで元気で会えるかわからないからできるだけ会っておきたいというのもいもあってネェさんの裁判は、るみにゃんママにとってはうってつけのいいわけだったのです。いつもはチケット代がもったいないから来なくていいってママさんに言われるので、裁判を理由にノラ子に会いに来てくれたのです。
 できるだけ触れ合いたいというるみにゃんママの気持ちはありがたいんですが、このクソ暑い中、ノラ子にとってはただただ迷惑なだけで・・・・でも、必死にオモチャで気を引こうとするるみにゃんママがかわいそうなので一晩だけ添い寝してあげました。だって・・・くっついてるとにくきうムニムニされるんだもん・・・・お腹ナデナデされるんだもん・・・・。
 といいながらも1週間はあっという間に過ぎ、いとこのネェちゃんやパパさん方のご先祖様のお墓参りを済ませたるみにゃんママは東京に帰って行きました。


 そして、1週間後、再び裁判にかこつけてるみにゃんママがやってきました。


「ノラ子! お土産だよ!」
「なになに?! 見せて見せて!!」
「ほうら、アンタがよく食べてたって腎臓病猫用のカリカリだよ!」
「プイ・・・・・・。」


 そう、前回るみにゃんママがきたとき、ママさんは・・・・


「サンプルでもらったカリカリ、こっちのはよく食べてたのよね。来週来る時買ってきてくれない?」


 そう、田舎なので近くに動物病院なんかないのです。かといって病院で宅配で送ってもらったのでは送料が高い! とママさんはるみにゃんママに頼んでおいてあったのです。るみにゃんママもちょうど現場の近くに動物病院があったからといって買ってきくれたのです。ノラ子はあんまり好きではありませんが・・・。


「ノラ子・・食べようね(手のひらに乗せ乗せ)。」
「ムシャムシャムシャ・・・・。」
「よかった~ちゃんと食べるのよ。」


 そして翌日、ノラ子にとっては悪夢の音が・・・・


ブッブ~~車


「ノラ子!! ノラ子!!」
「また病院に連れて行かれると思ってるんじゃない? あの日以来、お兄ちゃんがくると慌てて二階に逃げていくのよ。」
「よっぽど嫌な体験だったんだね。当分、顔見ただけで逃げ出すかもね。」


 どうせノラ子はヘタレですよ~だ。でも、お兄ぃたまはるみにゃんママを空港まで送って行っただけみたいなので車が行ったらさっさと降りてきましたけどね。ここんちの家族は油断も隙もないからね、用心に越したことはないですよ。


「ねぇ、ちゃんと食べてる?」
「それがね・・・アンタが帰った後は食べてないのよ。だからまた河豚(真河豚ね)食べさせてるけど・・・。」
「つまり、せっかく重いのを持ってきた私の顔を立てている間は食べてたってこと?!」


 まぁそういうことね・・・でも、ときどき食べてるからね!
 そして8月上旬、るみにゃんママはまたまた裁判にかこつけてやってきたのです。今回もノラ子には例の腎臓病食を持って・・・。今回来た後は来年のパパさんの七回忌だろうからってまたもやるみにゃんママはノラ子にベタベタしてくるんですよ。病人だと思うなら静かに寝かせほしいよ。
 といいながらも散々ノラ子をいぢくりまわしたるみにゃんママは東京に帰って行きました。


 それからしばらくて・・・・・・またあの音だ!!!


「ノラ子! ノラ子!」
「にゃにをすんねん! ノラ子は抱っこは嫌いにゃのら~~!」
「もうどこへも行かないよ。病院になんか行かないから!」


「ノラ子にも学習能力があったのかしら? あれ以来、お兄ちゃんの顔を見ても逃げなくなったのよ。」
「一応、ニンゲンの3歳児くらいの能力はありますが何か?!」


 というわけでノラ子の病気が完治することはありません。るみにゃんママの甥っ子の就職や結婚を見届けることはできないでしょう。それよりもきっとママさんより先に逝くことでしょう。でも、ノラ子にとっては気持ちのいいことではありませんが、家族みんながノラ子のことを想ってくれていることを改めてかみしめることができました。
 るみにゃんママは来年もノラ子に会うことを楽しみにしていますが、果たしてノラ子はそれまで生きていられるでしょうか。いや、できるだけ長く・・・一緒に・・・いたい・・・だから見守っていてね・・・。


ノラ子に奇跡が起きますように
b_04.gif

天変地異の前触れ?!

 さて、久々のナースネタなんですが、信じられないことが起こっていました。第2のシリーズっていうのは昨年もあった同業者の健診なんですがね・・・
 昨年はただでさえ同業者って嫌なのに、態度が悪くてみんなもう二度と行きたくない! って言ってたんですよね。それがなんと!!! 「よろしくお願いします」とか、「お世話になります」とか、「ありがとうございました」とかって言われ、態度も穏やかで・・・まぁ何人かはテーブルの下で拳を握りましたが・・・どうしたの?! って感じでビックリ!


 みんなで上からなんか言われたのかなぁ・・・って噂してたんですよ。秋シーズンもこんな感じならいいんですけどね。


 それともう一つ、お盆に田舎にいって戻ってきての久々は定期健診で所見があった人の二次健診です。ここの担当者は例によってHG! もう最悪~~~と思ってたら・・・・
 いつもなら自分のことを棚に上げて細かいことグチグチいうのに今回は・・・受診者がいないと「楽にして~」とか言って・・・??? 天変地異の前触れか?! と思ったほどでした。


 そんなこんなでめっちゃ暑くもなく、かといって涼しくもないダラダラした夏も過ぎていき・・・いつもある現場が今年はなかったりしてちょいヒマな残暑をしのいでおります。


 そういえば・・・いつもと違うパターンはやっぱ天変地異?! 夜、どひゃ~~~と思う地震があったばかりなのに、田舎に行く日、早朝に大きな揺れで起された。急いで携帯ひっつかんでデスクの下に潜りこみ揺れの収まるのを待ったけど・・・そう、静岡の地震だったのよね。裁判所でネェさんと会った時もその話題でひとしきり。忘れたころに来るからなぁ・・・。更年期の月経と一緒やな・・・。


 というわけで次回はまた続きです。


最近にゃ~ち1号とよく会うよ
b_04.gif

「反省」の心を育てる教育とは?

 この間の裁判の続きなんですがね・・・


 いつもは混雑を避け始発便で行くのですが、今回は開廷の時間に合わせていくことにした。始発便なら割と近いところから搭乗できるのですが、いい時間帯は田舎便は遠くの駐機場に飛ばされているため、遠い遠い!!
 ようやく乗り込んで座席までテケテケ・・・!!! なんとネェさんとバッタリ! 比較的空いていたので座席を変えてもらい並んで座ることができました。迎えに来ていたネェさんの妹さんの車で向かったのですが、ネェさんは検察官と打ち合わせのため先に行くとのことで、妹さんとしばしお散歩。例の公園をフラフラしながら、確かここに喫茶店があったよねぇ~・・・・でも、前回も今回も結局見つけることができなかった。
 高校の頃、よく通ったジャズ喫茶なんだけど・・・・まぁ30年経ってるんだからなくなってても不思議じゃないんだけどね・・・ほんでもっていい時間になったので法廷へ・・・・。


 今回は被害者遺族意見陳述と被告人質問です。これについては、過去記事でも書いていますから私が慎重派であることはお分かりいただいていると思います。
 本件は、公訴事実については争いがなく罪を認めていること、警察段階、検察段階での捜査が甘いこと(事故当時のスピード、運転に集中していなかった理由など)など、もろもろを考慮すると問題ないと思っています。
 で、検察官がお母様の意見陳述を代読し、ネェさんが自分の陳述をしている間、被告人は号泣するわけでもなく、ただメソメソするだけで・・・・全然心に響いてないのかなぁというのが私の感想です。被告人質問ですが、いくつかのプレッシャーをかける質問・・・まぁ今回は罪の重さを自覚させるための手法なので問題ないかと・・・。ただ、田舎だからかかなり時間をとってもらえたんですね。でも、都会はそうはいかない。とすれば地域格差をどうするのかという問題が残りますよね。
 それはそうと、結論からすると何を言っても暖簾に腕押しという感じで、反省の色は見られませんでしたね。ただただ子供のために執行猶予がほしいという主張ばかりで、どのように、どこまで反省しているのかが全く見えないのです。本当に子供のためを思うなら、離婚して子供の前から姿を消す方がいいんじゃない? 執行猶予がついても有罪には変わりないわけですから、狭い田舎で生活するなら一家そろって転居するか、離婚して子供とは戸籍上の縁を切って噂が75日で収まるのを待つ方が得策だと思うですけどねぇ・・・。詳細はかけませんが、ここで離婚しないと供述に矛盾が生じるんですよね。


 それはそうと、相手方の弁護人、国選だそうですが、おそらくどっかのイソ弁ですな。もうかみかみでみてらんないですよ。何言ってるか聞き取れないし・・・客観的にみれば「やれることはやった」バン後活動には見えないね。大方、田舎ではそうそう刑事弁護の機会なんぞないから1度は経験しておくとよい程度で、ボスが親心で法廷に立たせたのではないかと・・・。


 そんなこんなで審理は結審し、いよいよ次回は判決です。わざわざ帰りは家の近くまで送ってくださって・・・かえってゴメンネ~。
 それより、その日はちょうど父の命日、実は夢枕で父が呼びにきたんですよね。だから、どうしてもこの裁判、全日程見届けなければと思ったのです。私自身も祖父を事故で亡くしてますしね・・・。


 もちろん、保険金殺人ではないのだからドライバーは事故を起こしてやろうと思って運転をしているわけではないのです。だからこそ、故意犯と同じ扱いにしてはいけないのです。しかし、本件の被告人のように「刑事裁判」という嵐が過ぎ去り、「執行猶予」という最小限の「被害(被告人にとって)」で終わらせたいとしか思っていない被告人と、真摯に反省をしている被告人と同じ罪名でよいのだろうかという疑問が私の中に残った。また、遺族の立ち直りはやはり、刑事政策ではなく、福祉の問題であるという確信も持てた。


 というわけで、いよいよ次回は判決について書く予定です。


反省の心を育てる教育って・・・?
b_04.gif

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。