プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼を取るには早いけど・・・ゾゾ・・・

 あれはかつてない猛暑といわれた年の出来事だった。
お盆間近の夜・・・・


「るみにゃんママ・・・来て・・・来て・・・。」
「行かなければ・・・・行かなければ・・・・。」


 目が覚めると朝だった。


か・・・あの老婆は・・・・。」


 なぜか母方の祖母だと思った。しかし、祖母は私が生まれる半年も前に亡くなっており、私は祖母の顔を知らない。だが、なぜかに出て来た老婆が祖母だと確信したのだ。
 その夜・・・・ 「今年はどうするの?」


 そういえば何年も帰省していない。


「今年は行くよ。キャンセル待ちしてでも必ず行くから。」


 なぜか行かなければならないという気がしたのだ。幸い、航空券もすんなり予約でき、一族揃ってのお墓参りに出かけた。親戚は久しぶりに帰省した私をからかい、挫折か、失恋かなどと好き勝手なことを言っている。


「実は・・・ばぁちゃんの見たんだ・・・。るみにゃんママ・・・来て・・・来て・・・って・・・。」
「え?! あんたも?! 見たのはいつ?」
「え・・・母さんも見たの?! 見たのは13日の晩・・・。」
「ばぁちゃん、呼んだんだね・・・。私にもあんたを連れて来いって・・・だから電話したのよ。」
「なんだって?!」
「まさかお兄ちゃんも?!」
「うん・・・必ず来いってばぁちゃんが・・・。」
「もしかして・・・・見に行こう!」


 そう言うと母はお寺の本堂に戻っていった。


「何見てるの?」
「誰かが何回忌かにあたっているかもしれないと思って貼りだしてないか見てるの。」


 本堂の鴨居にずらりと過去帳から三回忌とか七回忌にあたる故人が貼り出してあった。


「あった!! じぃちゃんの二十七回忌にあたってる!!」


 13回忌を終え、30年近くも経つと皆忘れてしまっていた。慌てて住職に法事のお願いをして帰った。
 母は8人兄弟の真ん中である。女6人、男2人だが、2人の男は既に他界している。長男の嫁とは長男の三回忌の案内がなかったことから疎遠になっていた。


 きっと何にも言わないじぃちゃんがかわいそうになってばぁさんが二十七回忌を知らせるためにに現れたんだろう・・・。
 それと同時に・・・・私はPTSDとフラッシュバックで生き地獄を味わっていた。早く抜け出したい焦りから手を出した事業の途中で心労から倒れた・・・。資金繰りがうまくいかずライフラインは全て止められた・・・過労の時点で病院に行く費用がなかった私は限界まで踏んばったがついに倒れた・・・意識が朦朧としてそのまま救急車で担ぎこまれた。危篤状態寸前だった・・・。離れ故郷で連絡も取れず生死不明の娘を案じて母も限界寸前だった・・・。


 そんな矢先の出来事である。


 まったく・・・親だけじゃなくって死んだばぁさんにまで心配をかけてしまった・・・。


 三年前死んだ父がつぶやいた・・・。


「帰ってきてもいいんだぞ。」


 二度と帰らないつもりで実家を出た。実家に帰るくらいなら死んだほうがマシだとさえ思っていたが・・・・遠く離れていても実家があることが生きる支えになるんだと気がついた・・・。


 先祖があって自分がいる・・・そしていつも見守ってくれているんだと・・・・。


こっそり参加しています。
よろしかったら押してやってください。

b_04.gif



★ 『親子のキズナ』記事コンテスト参加中

この記事を評価する


コンテストは、 親子の絆を切々と描くTVアニメ(2006.7.26 DVD Vol.1ON SALE) 『ウィッチブレイド』の協賛で開催中です。



ブログルポは記事単位で投稿できます。是非、投稿してみてください。うまくいけばお小遣いが・・・かもよ。
スポンサーサイト

コメント

大好きな人の幽霊なら……

お爺様の供養を求めるために、夢枕に立たれるお婆様……死が愛する人との仲を裂くって事はないんだなぁ……って思わされちゃいました。
……私もあの世に行った後に、孫たちにやってやろうかしら(苦笑)

でも、大好きだった人が夢枕に立ってくれるなんて羨ましく思いますよ。
私の頚椎の手術の成功と引き換えにするかの様に、息を引き取った叔母……。
もう2年以上前になるのに、未だ夢枕に現れてくれません。
望めば望むほど逢えないんだって……
ちょっと悲しい★

評価ボタン、ポチっとさせて頂きました♪

念ずれば通ず

 雪待猫さま、コメント&ポチをありがとうございます。
 念ずれば通ず・・・どこかでつながっていると信じて、私は、寝るときに会いたい人がいると、その人との楽しかった思い出を頭に浮かべながら寝るようにしています。
 意外と効果があるんですよ。
よかったらまた遊びに来てくださいね。

親子の絆もっと、深く先祖からの絆。。。私は信じるだけに、、、絆ってすごい繋がりですね。

先祖がいるから自分がいる・・・

 りんさま、コメントありがとうございます。
考えてみれば父方、母方、少子化の現代、子孫よりも先祖の方が多い逆ピラミッドなんですよね。
 そう考えると、そんなにたくさんの先祖に心配かけているってことなのかと思うと・・・こっちとしてはあの世でてけと~にやっててほしいんですけど・・・^_^;
 また遊びにいらしてくださいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ruminyanmama.blog59.fc2.com/tb.php/236-f7153fe4

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。