FC2ブログ

プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリとキリギリス・・・そして派遣村

 昨年の年末から今も「派遣村」について様々なTV番組で取り上げているのを目にする。確かに、年の暮れになって住む所がないというのは大変お気の毒だなとは思うのだが・・・・ホントにそうか?


 私のようなフリーランスで仕事をしている人間は最初から住む所なんてありゃしない! 自分で高い民間の部屋を借りて住まなければならないし、それこそ風邪をひいて仕事を1日でも休んだら死ぬまで仕事にありつけないなんてことも珍しくはない。契約社員とか派遣といえども常勤であれば有給だってあるはず。


 そんなことを考えたら派遣とはいえ、社員寮や社宅などが与えられているっていうのはとても恵まれているのではないか。民間ほど家賃はかからないだろうからなんで追い出された日から生活に困るのだろう。なぜ、多少でも蓄えがないのか不思議で仕方がない。
 そもそも社員寮や社宅なんてものは賃金がまだ低いものに対して補助する目的のもので、民間の高い家賃で生活維持できるまでの仮住まい的なところではないのか? 自立するための資金を蓄えるために安く、もしくは無料になっているのではないのか?


 本当に寒空の中、住まいがないといのはお気の毒だとは思うが、だからといって血税から救済措置を講ずることにはなんだか納得できないでいる。そこで思い浮かぶのは「アリとキリギリス」の物語である。この物語ではキリギリスは芸術活動をしていたようなので、アリがパトロンだと思えばいいのかもしれないが、私たちは派遣切りにあって何とかしろと言っている方々のパトロンではないし、なんの恩恵も癒しも受けていない。むしろ、彼らが社宅で胡坐をかいていた時に私たちは爪に火をともすような生活をしながらしのいできたのである。


 そう思っているのは私だけなのかと思っていたら、先日、仕事でタクシー移動をしていた時にお会いした運転手さんも同様のお考えであった。
 民間の高い家賃を支払い続けている私たちだって生活は苦しいのである。ポストに届く請求書を見るのが怖いのである。それでも税金はぶん取られているのである。これ以上、「キリギリス」さんのために「アリ」さんからかき集めた税金を使いますか?


 同じ職も住まいも奪われた人にお金を使うのなら「犯罪被害」に遭われたご本人に差し上げるのなら文句はない。しかし・・・・


 昨年、続いた食品偽装のように今年も正直者で勤勉な者がバカを見るのだろうか・・・・。


ノラ子はチクワ1本で癒してあげますよ~
b_04.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ruminyanmama.blog59.fc2.com/tb.php/934-537c5d2a

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。