プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共謀共同正犯だろうよ

ついに闇サイト殺人事件の判決が下りました。


え・・・ウソでしょう?! なぜ一人だけ・・・


死刑か無期懲役かということより、3人同じ量刑ではないということのほうが不思議だった。


自首を過大評価しすぎでは・・・


闇サイトで共犯者を募り、実行したわけですから、共謀共同正犯として評価されなければおかしいと私自身は思うのである。


犯罪抑止の観点からは自首は評価すべきだと思う。しかし、本件に関して言えば、全く未知人物を計画的に殺害したわけであるからいたって悪質な事案であるといえよう。


世論に流されて、え?! と思うケースが死刑になり、これはと思うケースに無期・・・


一体、日本の司法はどこへ行くのか?!


遺族の運動に社会が流されて、それに伴って判決が流されて・・・・量刑バランスが悪くなっていると思うのは私だけではないだろう。


現在の厳罰化傾向は「体感治安」の代価として求められるものであり、ケース自体に向けられたものではないことに気がつかなければならない。
逆のいい方をすれば、「体感治安」が良くなれば、緩刑傾向にいくと推測できるのである(実証研究あり)。


さて、今回も引き合いに出された「永山基準」であるが、確かに「被害者の人数」は現代においてあまあり重要ではないのかもしれない。
しかし、衝動的な殺人か、計画的なものかによって量刑に差がなければ諒解し難いだろう。
また、現代においては着手から死亡に至るまでの所要時間は考慮されてもよいのではないだろうか。


また、かつての尊属殺人、執拗に嫌がらせを受けていた被害児が加害児を殺害した事件、DV被害者による加害者の殺人など、斟酌すべき事由がある場合と、今回のようなまったく情状を酌む余地のない事件とでは、同じ殺人であっても「行為」に相当する「罪の重さ」は通常の人間なら違うと感ずるのではないか。


私的な遺族の「被害感情」に流されないで、もうすこしシステマティックに量刑を判断するような判旨でなければ、今後の裁判員制度が「脅威」になることは間違いないだろう。


b_04.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ruminyanmama.blog59.fc2.com/tb.php/951-ecc587f2

永山基準 とは

今回の光市母子殺害事件で被告に「死刑」が確定しました。私的には、世論が裁判を.... 今回の光市母子殺害事件で被告に「死刑」が確定しました。私的には、世論が裁判を動かし結果的によっかったと思います。それにしても「永山基準」を裁判の『基準』とした根拠って何な...

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。