プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかの大金より今日の1万

ようやく更新する時間が取れました。

まずはご報告から

前回、甥っ子が大学に合格したことをアップしました。
合格したこと自体、とても運がいいと思ったのですが、
実は、もし、不合格ならその足で後期日程の手続きをするため、
千葉に向かう予定だったのです。
もし、そうなっていたら・・・
私は仕事をキャンセルしてリュック背負ってピックアップしにいかなければならないとこでした。
しかも、浮かれ気分でお祝いなど・・・とも思っていたのですが、
翌日の午前中は、県の学生寮の面接があるとかで、
どうしてもその日のうちに帰らなければならないとのことで
やむなく東京駅で上京するの待ってるよ~と見送ったのです。
そうしたら・・・あの震災・・・。
面接がなかったら液状化した夢の国で足止め食っているところでした。

そう、すべてがタイミングよくて・・・運がいいとしか言いようがないのです。

そして、3月末には上京し、4月から大学生になりました。
残念ながら、入学式は中止となり、代表者だけの入学式はネット配信となりましたが、
夏休みまでにどれだけ逞しくなるか楽しみです。

というわけで・・・心理屋るみにゃんママとしては突っ込みどころ満載で・・・
何からどれからアップしようかというぐらいで・・・

まずは、あたりさわりのないところからということで、

今回も、例によってウマとシカさんがセットになった方たちが
念仏のように「心のケア」などとほざいておりました。

でも、被災者の「心の問題」の99%はお金でカタがつく問題なのです。

つまり、衣食住が根っこになっている問題なのですから。
衣食住が確保されれば一過性の「心の問題」は解消されます。
経済的な支援に対して不安があるから地元を離れる非難も二の足を踏むのです。
期間限定、もしくは、復興の見通しが立てば一時的な転居も選択肢に入り、
その間の経済的な見通し、職に就けるとか、援助が得られるとかの確約があれば「不安」は低減されます。

喉元過ぎればなんとやられ、随分落ち着いてきましたが、
るみにゃんママ的には、「計画停電」実施機関の首都圏の方たちの「心のケア」の方が
よほど心配でした。
「心の問題」の多くは、先々の不安や、終わらない不自由さが根底にあります。
いつまで暗闇、静けさの中で過ごさなければならないのか、
疲れ切った生活の中でたくさんの相談が寄せられました。
被災地と違って「復興のお印」は何もないのです。
励みになる「お印」は何もないのです。
これはマズいなと思いました。
しかし、幸い、数日間で計画停電は原則不実施となり、ようやく落ち着きを取り戻してきたようです。

さて、一方で金銭的な支援が多く集まりました。
根本的な問題が「衣食住」ですから、
まずは今日明日の「食」の確保が最優先となります。
今回は、ものの3日でかなりの金額の義捐金が集まったようですが、
未だ配布に関しては見通しが立たないようです。
しかし、こと、自宅避難をしている方たちにとっては、今日明日の食べ物、着るものが必要なわけです。
つまり、何か月先の何十万より、一万円でもいいから、
今日明日使える一万円が必要なのです。

次に「住」ですが、これは仮設住宅ですね。
公正な配分などといってあ~でもねぇこ~でもねぇ~と議論しているヒマがあったら、
仮設住宅につげこめばいいのです。
被災者の衣食住を一日も早く確保し、そのうえで余剰金があれば配分するという方が得策なのです。
適切なタイミングで適切な援助が得られないために生ずる「心の問題」なのですから、
迅速な衣食住の確保によって「心の問題」は一過性で終息します。
言い換えれば、「お金」である程度解決できる問題に対して、
「心のケア」はあまり意味がありません。
あ~らそうですか、大変ですねぇ~、わかりますよ~などと言っても問題は何も解決しないのです。
もっとわかりやすく言えば、「解決すべき問題」にカウンセリングはいらない、いるのは「お金」です。
「解決すべき問題」が解決し、「克服すべき問題」が生じたときにはじめて心理屋の出番となるのです。

もちろん、個人差はありますし、全く必要がないわけではありません。
しかし、必要以上に「心のケア」を押し売りする必要もないのです。

これまでの経験が何も活かされていないのが残念ですね。

次回はPTSDの問題についてアップします。
いろいろ個別にイチャモンつけたい方もありかと存じますが、
震災関連の記事はしばらく続きますので、一通りお読みいただいたうえで書き込んでいただければと思います。
突っ込みどころがたくさんありすぎて、一度には書ききれません。
ですが、流れには一貫性があるはずなのでひとまず読み飛ばしてください。
なるべく間を開けずにアップする予定です。

b_04.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ruminyanmama.blog59.fc2.com/tb.php/979-ca111fbe

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。