プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当のPTSDとは

さて、お約束通り今回はPTSDについてアップします。

今回もまた、念仏のようにPTSD,PTSDと言われています。
しかし、前回書いたように一過性のものはPTSDではありません。
大きな衝撃を受けた時、心身共に大きなダメージを受けるのは正常な反応です。
しかし、多くの人は自力で回復することができます。
回復できない人は、元々、あらゆる外部からのストレスに対して脆弱であった可能性が高いのです。
PTSDの怖いのは、個人が脆弱であるためにしんどしんどい、つらいつらいということではありません。

具体的な例をあげると、

主訴
被災時、小学生であった子供が、大人になって、温泉旅行に行き、急になぜかわからないけど、
大浴場に入ろうとした時、怖くなって過呼吸になってしまった。
それ以来、銭湯や温泉などの大浴場へ行くと、また過呼吸になるのではと思うと怖くなり、
ついには自宅の湯船も怖くなった。
どうしてこんなことになったかわからない。

解説
水難事故に遭ったことある人に見られる症状なのだが、今回、津波の被害に遭った子供においても
のちに出現する症状としては十分考えうる症状である。
しかし、多くの場合、原因となる「津波被害」から「大浴場」まで時間が経過しており、
生半可なアセスメントでは辿りつけないのである。
大方、「パニック障害」あたりの診断名をつけられて薬物療法、
そのうち薬漬けになって社会生活から離脱となってしまうであろう。

つまり、PTSDの恐ろしさは、支障をきたしている症状と原因となった体験との間に時間がったっており、
容易に本人させも気がつかないというところなのである。
とある学会で、何年も経ってから症状が出るのであればPTSDではないと言って、
他の先生からあとでレクチャーを受けていたが・・・。
DSMなんぞ盲信するからそんなこと言うんでしょうな。
そもそも、診断基準としているDSMは、政治的に作られたものであり、
かなりドロドロした経緯で項目が決められ、権力と名誉で中身が変わってきているものなのである。
しかも、こと、PTSDにおいては、アメリカ合衆国におけるベトナム戦争帰還兵に対する
政治的政策として対症療法的に設けられたものであり、日本人には概して当てはまらないのである。

今回も、日本人のマナーが諸外国から賞賛されたように、
犯罪被害や自然災害に遭った時の考え方や行動はいたって土着的なものである。
震災からやがて2カ月になろうとしている今、
見通しの立たない避難生活をしながらもできるだけ日常に近づけようとする者、
復興に向けて奮起する者、新天地を求めて離れていく者など・・・様々です。

察しのいい方はおわかりかもしれませんが、もう2カ月、だけど、まだ2カ月です。
今の時点で、解決可能(現状はさておき、お金解決できる問題を含めて)な問題以外で、
「心の問題」が出現している人は、元々、メンタルヘルス上に問題があったか、
非常にストレスに対して脆弱であったり、依存性が高い可能性があるのである。

むしろ、心配なのは、今、気丈にしている人達で、
何年、年十年後かにPTSD様の症状が出現する危険性があるからである。
身体疾患でも言われるが、すぐに症状が出現する疾病より、
なかなか自覚症状が出現しない疾病の方が厄介なように、
メンタルヘルス上の問題も、自覚する症状より、
一見、なんの問題もなさそうな気丈にふるまう人達の方が厄介な症状に陥る場合があるのである。

何年も経って症状が出現したとき、的確なアセスメントのできる精神科医や心療内科医、
カウンセラーや臨床心理士がどれだけいるだろうか。

このようにお粗末な状況なのですから、
余震や震災報道で具合が悪くなってしまった人は、
是非、自分はストレスに脆弱なのだからと自認し、無理はしないようにするのが得策である。

残念ながらインテイク面接や初診時の問診、つまり、アセスメントが的確ではなかったために、
ただただ対症療法でしかない薬物療法が始まり、
薬物への心理的依存(身体的ではありません)が形成され、
働けなくなり、生活保護になり、働く気がなくなり、
甘え癖がついてしまった人達をたくさん見てきました。

まさか自分が・・・と思われる方も多くあると思います。
ですが、何年か経って、すぐには思い当たるものがないのに生活上に支障をきたしてしまった場合、
震災まで遡って振り返ってみてください。
そして、適切な治療を受ける、
または適切な方法で克服するようにしていただけたらと思います。

次回は、避難者と被害者の共通点についてアップします。


b_04.gif


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ruminyanmama.blog59.fc2.com/tb.php/980-48af1cb7

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。