プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災者と被害者の類似点

今回は被災者と被害者の類似点についてまとめてみました。

まず、ツィッターなどでも話題になっていますが、避難所間の格差問題に着目しました。

大きな避難所・・・・・マスコミがたくさん行く
小さな避難所、自宅避難者・・・・・存在すら知られていない

これは、犯罪被害者にも言えることなのですが、大きな事件の被害者は、
マスコミ報道によって多くの方に認知されます。
しかし、小さな避難所や自宅避難をしている被災者は誰にも知られません。
地下鉄サリン事件の被害者だけが特別措置として支援策が講じられ、
小さな街頭犯罪の被害者には何も支援がありません(形骸化した政策ではなく実質的な支援)。

その結果、一方では救援物資は余り、ボランティアを断り・・・
一方では今日明日の食料も届かないという状況になりました。
知人が救援チームで被災地に入りましたが、昨日まであった道路が今日はないという状況だそうです。
つまり、移動すらままならない状況の中で、
どうやって個人が助けを求めに行くことができるでしょうか。

自宅避難をしている人たちの中には、ペットがいるから、
障害者がいるから、要介護者がいるから、という方たちもいますが、
なんとか雨風は当面しのげる家があるから、と言って、
遠慮して避難所に行かない人たちもいるのです。
犯罪被害者も同じです。
殺人などで「家族を亡くされた方がいるから」と遠慮して、
もしくは遺族を脅威に感じて援助を求められない方がたくさんいるのです。

しかし、大きな避難所だろうが、自宅避難であろうが、
生きている人間は食べなければ生きてゆけません。
犯罪被害者も生きていかなければならないのです。

残念なことですが、援助を求められずに自ら死を選んでしまった犯罪被害者もたくさんいるのです。

行方不明者の捜索はとても衛生面からも重要なことです。
しかし、同時にその「能力」を駆使して、人知れず避難している人を見つけてほしいと思います。

あるサイトで、どの避難所に物資が足りないのか?
という書き込みを見ました。
誰にも知られていないわけですからどこに物資が足りていないなんて情報は
一般の人が知ることはできません。

何をいわんや、
声を出せない被災者や犯罪被害者は見つけに行かなければならないのです。
待っていても声は届かないし、支援も届けられないのです。

現実の犯罪被害者支援は、
物資がほしければ大きな避難所まで取りに来い!
家があるだマシなんだから援助物資までほしがるな!
と言っているような状態が現実なのです。

もう1歩踏み込んで言うなら、
災害の場合は、そりゃあひでぇな、なんとかしなきゃと思われますが、
犯罪被害者はそのような状況に追い込まれても誰も何も手助けしないのです。

大きな避難所のように民間の力が及ぶところは民間の力を借りればいい、
でも、小さな避難所や自宅避難の人たちは公的な力で見つけに行かなければ
声を出せない被災者や犯罪被害者は永遠に支援を受けられないでしょう。

この格差によって募る不公平感が「二次被害」のもっとも大きなダメージなのです。
私の修士論文、及び、その後の研究でも明らかになりましたが、
大きな事件の被害者や被害者遺族ばかりに支援が届き、
声すら上げられない自分には何も助けが来ないという不公平感が、
もっとも心身に大きなダメージを与えることがわかりました。

どうか、まだまだ物資が届かない方が、どこかにいる
ということを念頭に置いて捜索活動にあたっていただければと思います。
そして、各行政の方も会議ばかりでなく、足で探しに行ってください。
一人でも多くのまだ誰にも知られていない被災者を発見してください。
生きられる人を助けるために!

次回は義捐金についてアップします。

b_04.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ruminyanmama.blog59.fc2.com/tb.php/981-bd9da4ba

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。