プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるための資金

今日は義捐金についてアップします。

このシリーズの最初の記事にも書きましたが、
被災者は着の身着のまま、命からがら避難してきているのです。
今日明日、必要なものを手に入れるために1000円でも2000円でも、まず現金が必要になります。
多くの義捐金が集まりましたが、残念ながら
必要な時に必要なお金は間に合いませんでした。

そもそも募金とはなんでしょう?
慈善事業とはなんでしょう?

震災の翌日から横浜中華街の甘栗屋のように募金募金としつこくまとわりつかれ、
募金しなければ蔑んだ目で見られたり、あからさまな嫌味、
そうまでして集めたお金はなかなか被災者には届かない。
不公平のないようにという名目で、死亡者にいくら、全壊家屋にいくら・・・
もらったとしても、亡くなった方は生き返りません、家を建て直すには足りません。
つまり、見舞金としての効果しかないのです。
だから不公平のないように時間をかけて議論して配布するシステムなのです。

しかし、被災者は生きていかなければなりません。
残念ながら亡くなった方は、今日明日の現金はいりません。
まず、生きている人に現金を手渡さなくてはならないのです。
心苦しいのは当然ですが、生きている人に生きるための援助をするのが優先です。
残念ながら、犯罪被害者は生きているから後回しになっているのですが・・・・。


ではどうすればよかったのでしょうか?
大きな慈善団体組織は、まず、被災地ごとに目標額を決めます。
被災状況や人口、大まかでいいのでいくつの県に配布するのかを決めます。
次に、チームごとに資産家や、高額所得者に交渉に行くのです。
日本ではあまり行われませんが、キリスト教圏ではよくあります。
まず、富める者に寄付を求めに行くのです。
また、富める者も寄付の意義を熟知しています。
社会的貢献をしなければどんなに資産があっても「徳」があると認められません。
日本でも、個人で寄付をしたり、賞金を寄付したりする方がいらっしゃいました。
でも、それ以外に富める者はいるでしょう!
セレブを売りにしているタレントがいるでしょう!
長者番付の上から順番でもいいんです。
まずは寄付を求め、まずはそれを各自治体の首長さんに届けるのです。
各自治体に使い方は任せます。
戸別配布もよし、復旧、復興資金に充てるもよし、
公正な配布など被災地は待っていられません。
一日も早く現金を届けるのが大切なのです。
それでも、目標額に届かない、足りない部分は募金です。
策が尽きた! その時にはじめて庶民の懐にすがるしかないと行うのが募金です。

また、個別に学校や伝統芸能、文化遺産の復旧、復興のために、
もっと小さなチームが明確な目的で「私的な」援助を求めるのが募金です。

さらに、慈善活動とはなんでしょう?
3月のまだ寒い空の下で、鼻水をすすりながら募金活動をする若者たち、
風邪を引いたり、インフルエンザになったらどうするのでしょう?
ただえさえ医薬品が足りないのに、貴重な医薬品を無駄食いする気?!
そんな元気な身体があったら働け!!
慈善の心があったら働いて得たお金を寄付しなさい!
春休みでしょう? 親がかりで学校行ってるんでしょう?
だったら生活費に充てなくていいのなら寄付すれば?!

カツアゲに近いやり方で人の懐をあてにするのが慈善活動でしょうか?
大声出しながら突っ立ってるのだったら、帰国してしまった外国人に代わって働いてくれば?

なけなしのおこづかいを募金した子、
スズメの涙ほどのバイト代を募金した学生、
いつ収入が途絶えるかわからない非正規雇用者の志・・・
でも、被災者には届かない・・・。

まずは少しでもいいからできるだけ早く現金を手渡すのが大切なのです。
そのために活動するのが大きな組織の慈善団体の本来のあり方ではないでしょうか。
今のやり方では募金詐欺をどうぞやってくださいといわんばかりのやり方ではないでしょうか。
手数料や職員の手当て、活動資金の問題も取り沙汰されております。

若者たちよ、健康な体があったら働いてください。
親がかりで学校に行って税金も払っていないのに、
一生懸命働いて、リストラの恐怖やパワハラ、セクハラに耐え稼いだ
血と汗と涙の結晶を募金しろというのはおかしいと思いませんか?
少しでもいいから、バイトでもいいから働いて、
その働いて得たお金を募金ではなく、直接、寄付してください。
それが慈善の心です。

他方、企業においても義捐金や物資を提供した企業があります。
是非とも、このような企業には税制優遇していただきたいと思います。
それが当たり前になった時、
犯罪被害者や養護施設にも義捐金や物資が届く時代が来るかもしれませんね。
生き残った人が、今日を、明日を生きるための資金をどうか援助してください。

次回は時期を外してしまった感がありますが、原発についてアップします。

b_04.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ruminyanmama.blog59.fc2.com/tb.php/982-9ddf7b42

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。