プロフィール

るみにゃんママ

Author:るみにゃんママ
雑誌のライター、司会業、音声制作の経歴と准看護師の資格を持つ異色のサイコロジストです。
 人からは地獄の釜の底から這い上がってきたカウンセラーと呼ばれています。
動物とお神輿とジャズが大好きなO型、おとめ座、水星人(-)、一白水星、
ちなみに動物占いはタヌキです。

くろこさん

カテゴリー

アルバム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログルポ

人気ブログ記事検索 ブログルポ

投稿中の記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

リンク

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

黒ねこ時計

カンパして!

今後の研究資金にします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当のPTSDとは

さて、お約束通り今回はPTSDについてアップします。

今回もまた、念仏のようにPTSD,PTSDと言われています。
しかし、前回書いたように一過性のものはPTSDではありません。
大きな衝撃を受けた時、心身共に大きなダメージを受けるのは正常な反応です。
しかし、多くの人は自力で回復することができます。
回復できない人は、元々、あらゆる外部からのストレスに対して脆弱であった可能性が高いのです。
PTSDの怖いのは、個人が脆弱であるためにしんどしんどい、つらいつらいということではありません。

具体的な例をあげると、

主訴
被災時、小学生であった子供が、大人になって、温泉旅行に行き、急になぜかわからないけど、
大浴場に入ろうとした時、怖くなって過呼吸になってしまった。
それ以来、銭湯や温泉などの大浴場へ行くと、また過呼吸になるのではと思うと怖くなり、
ついには自宅の湯船も怖くなった。
どうしてこんなことになったかわからない。

解説
水難事故に遭ったことある人に見られる症状なのだが、今回、津波の被害に遭った子供においても
のちに出現する症状としては十分考えうる症状である。
しかし、多くの場合、原因となる「津波被害」から「大浴場」まで時間が経過しており、
生半可なアセスメントでは辿りつけないのである。
大方、「パニック障害」あたりの診断名をつけられて薬物療法、
そのうち薬漬けになって社会生活から離脱となってしまうであろう。

つまり、PTSDの恐ろしさは、支障をきたしている症状と原因となった体験との間に時間がったっており、
容易に本人させも気がつかないというところなのである。
とある学会で、何年も経ってから症状が出るのであればPTSDではないと言って、
他の先生からあとでレクチャーを受けていたが・・・。
DSMなんぞ盲信するからそんなこと言うんでしょうな。
そもそも、診断基準としているDSMは、政治的に作られたものであり、
かなりドロドロした経緯で項目が決められ、権力と名誉で中身が変わってきているものなのである。
しかも、こと、PTSDにおいては、アメリカ合衆国におけるベトナム戦争帰還兵に対する
政治的政策として対症療法的に設けられたものであり、日本人には概して当てはまらないのである。

今回も、日本人のマナーが諸外国から賞賛されたように、
犯罪被害や自然災害に遭った時の考え方や行動はいたって土着的なものである。
震災からやがて2カ月になろうとしている今、
見通しの立たない避難生活をしながらもできるだけ日常に近づけようとする者、
復興に向けて奮起する者、新天地を求めて離れていく者など・・・様々です。

察しのいい方はおわかりかもしれませんが、もう2カ月、だけど、まだ2カ月です。
今の時点で、解決可能(現状はさておき、お金解決できる問題を含めて)な問題以外で、
「心の問題」が出現している人は、元々、メンタルヘルス上に問題があったか、
非常にストレスに対して脆弱であったり、依存性が高い可能性があるのである。

むしろ、心配なのは、今、気丈にしている人達で、
何年、年十年後かにPTSD様の症状が出現する危険性があるからである。
身体疾患でも言われるが、すぐに症状が出現する疾病より、
なかなか自覚症状が出現しない疾病の方が厄介なように、
メンタルヘルス上の問題も、自覚する症状より、
一見、なんの問題もなさそうな気丈にふるまう人達の方が厄介な症状に陥る場合があるのである。

何年も経って症状が出現したとき、的確なアセスメントのできる精神科医や心療内科医、
カウンセラーや臨床心理士がどれだけいるだろうか。

このようにお粗末な状況なのですから、
余震や震災報道で具合が悪くなってしまった人は、
是非、自分はストレスに脆弱なのだからと自認し、無理はしないようにするのが得策である。

残念ながらインテイク面接や初診時の問診、つまり、アセスメントが的確ではなかったために、
ただただ対症療法でしかない薬物療法が始まり、
薬物への心理的依存(身体的ではありません)が形成され、
働けなくなり、生活保護になり、働く気がなくなり、
甘え癖がついてしまった人達をたくさん見てきました。

まさか自分が・・・と思われる方も多くあると思います。
ですが、何年か経って、すぐには思い当たるものがないのに生活上に支障をきたしてしまった場合、
震災まで遡って振り返ってみてください。
そして、適切な治療を受ける、
または適切な方法で克服するようにしていただけたらと思います。

次回は、避難者と被害者の共通点についてアップします。


b_04.gif


いつかの大金より今日の1万

ようやく更新する時間が取れました。

まずはご報告から

前回、甥っ子が大学に合格したことをアップしました。
合格したこと自体、とても運がいいと思ったのですが、
実は、もし、不合格ならその足で後期日程の手続きをするため、
千葉に向かう予定だったのです。
もし、そうなっていたら・・・
私は仕事をキャンセルしてリュック背負ってピックアップしにいかなければならないとこでした。
しかも、浮かれ気分でお祝いなど・・・とも思っていたのですが、
翌日の午前中は、県の学生寮の面接があるとかで、
どうしてもその日のうちに帰らなければならないとのことで
やむなく東京駅で上京するの待ってるよ~と見送ったのです。
そうしたら・・・あの震災・・・。
面接がなかったら液状化した夢の国で足止め食っているところでした。

そう、すべてがタイミングよくて・・・運がいいとしか言いようがないのです。

そして、3月末には上京し、4月から大学生になりました。
残念ながら、入学式は中止となり、代表者だけの入学式はネット配信となりましたが、
夏休みまでにどれだけ逞しくなるか楽しみです。

というわけで・・・心理屋るみにゃんママとしては突っ込みどころ満載で・・・
何からどれからアップしようかというぐらいで・・・

まずは、あたりさわりのないところからということで、

今回も、例によってウマとシカさんがセットになった方たちが
念仏のように「心のケア」などとほざいておりました。

でも、被災者の「心の問題」の99%はお金でカタがつく問題なのです。

つまり、衣食住が根っこになっている問題なのですから。
衣食住が確保されれば一過性の「心の問題」は解消されます。
経済的な支援に対して不安があるから地元を離れる非難も二の足を踏むのです。
期間限定、もしくは、復興の見通しが立てば一時的な転居も選択肢に入り、
その間の経済的な見通し、職に就けるとか、援助が得られるとかの確約があれば「不安」は低減されます。

喉元過ぎればなんとやられ、随分落ち着いてきましたが、
るみにゃんママ的には、「計画停電」実施機関の首都圏の方たちの「心のケア」の方が
よほど心配でした。
「心の問題」の多くは、先々の不安や、終わらない不自由さが根底にあります。
いつまで暗闇、静けさの中で過ごさなければならないのか、
疲れ切った生活の中でたくさんの相談が寄せられました。
被災地と違って「復興のお印」は何もないのです。
励みになる「お印」は何もないのです。
これはマズいなと思いました。
しかし、幸い、数日間で計画停電は原則不実施となり、ようやく落ち着きを取り戻してきたようです。

さて、一方で金銭的な支援が多く集まりました。
根本的な問題が「衣食住」ですから、
まずは今日明日の「食」の確保が最優先となります。
今回は、ものの3日でかなりの金額の義捐金が集まったようですが、
未だ配布に関しては見通しが立たないようです。
しかし、こと、自宅避難をしている方たちにとっては、今日明日の食べ物、着るものが必要なわけです。
つまり、何か月先の何十万より、一万円でもいいから、
今日明日使える一万円が必要なのです。

次に「住」ですが、これは仮設住宅ですね。
公正な配分などといってあ~でもねぇこ~でもねぇ~と議論しているヒマがあったら、
仮設住宅につげこめばいいのです。
被災者の衣食住を一日も早く確保し、そのうえで余剰金があれば配分するという方が得策なのです。
適切なタイミングで適切な援助が得られないために生ずる「心の問題」なのですから、
迅速な衣食住の確保によって「心の問題」は一過性で終息します。
言い換えれば、「お金」である程度解決できる問題に対して、
「心のケア」はあまり意味がありません。
あ~らそうですか、大変ですねぇ~、わかりますよ~などと言っても問題は何も解決しないのです。
もっとわかりやすく言えば、「解決すべき問題」にカウンセリングはいらない、いるのは「お金」です。
「解決すべき問題」が解決し、「克服すべき問題」が生じたときにはじめて心理屋の出番となるのです。

もちろん、個人差はありますし、全く必要がないわけではありません。
しかし、必要以上に「心のケア」を押し売りする必要もないのです。

これまでの経験が何も活かされていないのが残念ですね。

次回はPTSDの問題についてアップします。
いろいろ個別にイチャモンつけたい方もありかと存じますが、
震災関連の記事はしばらく続きますので、一通りお読みいただいたうえで書き込んでいただければと思います。
突っ込みどころがたくさんありすぎて、一度には書ききれません。
ですが、流れには一貫性があるはずなのでひとまず読み飛ばしてください。
なるべく間を開けずにアップする予定です。

b_04.gif

オバちゃんは今モーレツに感動している!!

 久々の更新がコレでなんですが・・・
私事で恐縮ですが・・・・・
甥っ子がめでたく第一志望の大学に合格しました。

たまたま昼間時間が取れそうだったので・・・

「オバちゃんも一緒に見に行っていい?」

と聞いたらいいよって言ったのでノコノコついて行きました。
発表会場は元日の明治神宮のような人混みで
例によってマスコミもたくさんいて・・・
本人は5050と言っていたので私もドキドキでしたが

何番? どう?


あった~!!!!!!!!!


私も受験票を見て確認!! 間違いない!!!
甥っ子と二人でハグして号泣しちゃいました。

「おめでとうございます!!」

在学生が声をかけてくれてデジカメで写真も撮ってくれた。
まぁ、合格も嬉しかったのですが、その後の言葉に感動!

部活の仲間、高校の先生、家族に支えてもらったから頑張ってこれた。
受験に行く新幹線の中でたまたま隣り合ったオバちゃんから声をかけられ、
がんばってねと言ってみかんもらった。
知らない人からの易しさにも支えられた。
どこのだれかわからないけど、その方にもお礼をいいたい。

その言葉にオバちゃんはモ~レツに感動して号泣!!
ずっとそういう感謝の心を忘れないで生きて行ってほしい!!
「おかげさま」の心で人を幸せにするために知識を身につけてほしいと願うオバちゃんです。


いつか一緒に共同研究できるといいねぇ~・。
これからはときどき一緒に食事しようね~。
ついでにナースと合コンしてね~。

残念ながら現役なので未成年。
お酒はご法度なのでそっち系は3年になってからかなぁ~。
チクショ~! なんで誕生日が11月なんだ?!

とまぁ、これは冗談ですが、
マジ、いつか一緒に共同研究やって学会で発表なんてできるといいなぁ~。
ついでにそっちの大学で設備とか使わせてもらって・・・
研究費もガッポリもらって・・・なんて・・・

ハイ、オバちゃんの方がよこしまな考え持ってます!!

というわけでノラ子が亡きあと、どよ~んとした空気が一気に快晴!
となりました。

私事で恐縮ですがあんまり嬉しかったので更新兼ねてのご報告。
4月からは甥っ子も東京人になります。
皆様よろしくお願い申し上げます

b_04.gif


ノラ子FOREVER

 今朝早くノラ子は旅立ちました。


 昨年末から食が落ち心配していたおり、
2~3日前からほんの少しの水しか飲めなくなっていました。
秋ぐらいまでは春が来るまではなんとか・・・とは思っていたのですが・・・

急に元気がなくなりカウントダウンの予感はしていました。
夕べも仕事が終わって真っ先に携帯を見ると
母からの電話がなかったのでひとまず安心。

そしたら今朝早く、母から電話があり・・・
「今朝、逝ったよ・・・。」

ノラ子は母の腕の中で眠るように逝きました。
最期を看取ってやれたことだけが私たちの救いです。
元ノラですから正確な年はわかりませんが、
我が家に来て12年、ずいぶんおばぁちゃんには違いなく、
いつかはこんな日が来ると覚悟はしていたけど・・・
それでも悲しくて悲しくて・・・母と二人、たくさん泣きました。

葬儀屋さんに来ていただいてお経をあげてもらい
母一人で送りました。
ヤコにゃんやマキねぇ、るみにゃんのところへ行ったんだね・・・。

ノラ子、いままでありがとう・・・。
楽しい思い出をありがとう・・・。

るみにゃんママと電話で話すのが大好きだったノラ子・・・。
母との電話を勝手に切ったと言って怒ってたノラ子・・・。
夕べは出ない声を振り絞って話してくれたんだね・・・。
お別れの挨拶をしてくれたんだね・・・。

これからはあっちの世界から私たち家族を見守っていてね・・・。
ノラ子の思い出大切にするよ。
去年撮った写真もアップしていくからね。

ノラ子、安らかに・・・・。


b_04.gif

よいお年を!

いやぁ~見事に今年は更新できなかったとしでしたね。
年明け早々、研究費の関係で実査が年度内になってしまい、
あわただしく準備に入って・・・
やったらやったで分析作業に入り・・・
Uネェさんと共同研究だったのでネェさんは紀要に、
私は福岡で学会発表とかなりハードスケジュールでした。
来年は追試をしたいのですが研究費が・・・

個人的には健康上のいろいろでめでたく転職しまして・・・
別にナース業務をやめたわけじゃないんですが・・・。
相談業務もやってますし・・・
これ以上バカ社員には付き合えんという話でして・・・
まぁ詳細はおいおいにということで・・・。

実家のノラ子は今年の猛暑のせいかオムツ生活に・・・
今は落ち着いていてオムツこそしてませんが食が落ち・・・
便も緩く相変わらずママさんが老々介護しとります。

いろいろあった1年でしたが
なるべく来年は更新するようにしますので
皆様、見捨てないでときどき遊びにきてくださいやし

というわけでよいお年を!

b_04.gif

新年度から過労死寸前?

 今年に入って、新しい研究に着手したのでもうバタバタですっかり更新が遅れてしまいました。
今日から新年度、学校健診の幕開けなのですが、すでに身体はガタガタです。
先週、ようやく実査を終え、ローデータの入力作業に入りたいのですが、
学校健診も始まり、久々に早起きしたからすでにぐったり・・・。
今年も波乱の予感がいたします・・・。

 実のところ、今度の研究はかなりおもしろいことになりそうで頭はそっちにいっていて、
正直、健診には身が入りません・・・。
大丈夫か?
研究のことについてはおいおいに・・・っていつになるやら・・・・。
要介護状態のノラ子のことも書きたいのですが・・・

と、なんだか新年度は単なるインデックスのような記事内容になってしまいましたが、
なるべくがんばって更新したいと思いますので今後ともよろしくです。


老々介護のノラ子です
b_04.gif

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。